ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 制服の愛人

  • 制服の愛人

電子書籍版

制服の愛人

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年04月
  • ファイル形式
    XMDF
  • ページ数
    176
  • デジタルコンテンツタイトル名
    制服の愛人
  • ISBN
    978-4-596-74436-4
  • 発売日
    2015年05月14日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

900 (税込:972

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 君を拉致して、ここに監禁してる。毎日…毎晩、君を……愛してる。

    “親父はどんなふうに君を抱いたんだ? 週に何度?”遺産相続の際に、死んだ父に愛人がいたことが発覚する。女性は三年前に他界し、父の別宅には高校生の息子、優斗がいるだけだった。 俊之は一目で強く惹かれるが、腹違いの弟への歪んだ想いを認めまいとした。しかし、実は愛人の連れ子と知り、ある疑いを抱き始める。
    「なんで親父は、赤の他人と三年も暮らしてたんだ」 優斗の無意識に誘うような眼差し、仄かに香る媚態。まだ子供の身体に夢中になって、父は年甲斐もなく溺れたのではないか、と。妻や息子がいることも忘れて。彼を欲しくなるのは、そのせいだ。男を知っている彼がいけないんだ。こんな妙な気持ちにさせるのは……。「君は親父の愛人だったのか」疑惑が確信に変わったとき、俊之は禁忌の扉を開ける。

    これは嫉妬だ。あんなに嫌いだった親父と、俺は同じことをしてる――
    ――際限ない愛に溺れる硝子の檻のふたり。“ボーイズラブ”の代名詞、鹿住槇が挑戦した、危ういアダルトラブをぜひご堪能ください。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ハーレクイン・ラブシック
掲載誌 ハーレクイン・ラブシック
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 制服の愛人
  • 制服の愛人

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中