ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 必修!相振り戦の絶対手筋105

  • 必修!相振り戦の絶対手筋105

電子書籍版

必修!相振り戦の絶対手筋105

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2015年04月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    240
  • デジタルコンテンツタイトル名
    必修!相振り戦の絶対手筋105
  • ISBN
    978-4-8399-5548-9
  • 発売日
    2015年05月01日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,184 (税込:1,279

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    「必修!絶対手筋」シリーズ第2弾は相振り飛車。
    杉本昌隆七段が相振り飛車で現れやすい手筋をパターン化して、丁寧に解説しています。

    杉本七段は、現代の相振り飛車で意識すべきことを次の3つだとしています。「三間・美濃・さばき」そして、どの戦型にも共通する重要手筋が「端攻め」。本書ではこれらの必須キーワードを元に、現代相振り飛車を系統立て、手筋として紹介しています。

    初手から1手ずつ進めていく従来の戦術書は、一つの定跡を<線>として深く学ぶためのものでした。しかし、相振り飛車では定跡通りに進むことはまれです。実戦において、指し手を考える道しるべとなるのが手筋です。本書でたくさんの手筋を<点>として身に付ければ、定跡以上に実戦で役立つことは間違いありません。

    最後に、相振り飛車に悩める将棋ファンに杉本七段の言葉を贈ります。
    「基本さえ踏まえておけば、相振りの指し方は自由です」
    楽しい現代相振り飛車の世界、その一端を本書でご堪能いただければ幸いです。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル マイナビ将棋BOOKS
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 必修!相振り戦の絶対手筋105
  • 必修!相振り戦の絶対手筋105

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中