ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 魔術士オーフェンしゃべる無謀編3

  • 魔術士オーフェンしゃべる無謀編3

電子書籍版

魔術士オーフェンしゃべる無謀編3

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2013年02月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    457
  • デジタルコンテンツタイトル名
    魔術士オーフェン
  • ISBN
    978-4-86472-073-1
  • 発売日
    2015年04月10日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

950 (税込:1,026

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『魔術士オーフェン』の短編シリーズとして、1995年から2000年にかけて雑誌『ドラゴンマガジン』(富士見書房)誌上で連載された[無謀編]を再編集、さらに秋田禎信が書き下ろす新作短編を収録!【あらすじ】「なんでぼく、弟子に説教されているのかな?」 戦術騎士団最強の魔術士(の一人)ブラディ・バースは、追い詰められていた。 相手は凄腕のヴァンパイア? 天人種族の殺人人形? 違う。もっと怖い彼の天敵に、だ。そう。かつての師と幼馴染の娘にして自らの教え子、ラッツベイン・フィンランディである。今日も今日とてマジクは彼女から女性関係の無力さを叱責されているのだ。「昔は結構、女好きだったわよね」そこに魔王の妻、クリーオウ・フィンランディまで参戦し、マジクの思い出したくもない過去への扉が開く。そう、あれは遠い過去の日。近所の悪ガキに苛められ、泣きながら歩く帰り道での出来事だ……。『あの人』とマジクとの出会いが描かれる書き下ろし『馴染みの話』を含む、驚天動地の短編11本収録!

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル TOブックスラノベ
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 魔術士オーフェンしゃべる無謀編3
  • 魔術士オーフェンしゃべる無謀編3

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中