ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 学生・院生のためのレポート・論文の作成マニュアル

  • 学生・院生のためのレポート・論文の作成マニュアル

電子書籍版

学生・院生のためのレポート・論文の作成マニュアル

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2011年11月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    148
  • デジタルコンテンツタイトル名
    学生・院生のためのレポート・論文の作成マニュアル
  • ISBN
    978-4-419-05729-9
  • 発売日
    2015年01月30日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,000 (税込:1,080

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現在,企業は新入社員の採用に当たって、どのような人材を選抜するのでしょうか。また、採用される側は、どのような準備をしたら良いのでしょうか。一般的に大学生には
    1 基礎学力がない:プレゼンテーション能力
    2 創造性、積極性がない:コミュニケーション能力
    3 問題意識・設定能力がない:主体性
    4 常に受身であり、消極的である:積極性、責任性を身につける
    などがいわれています。したがって、これらを、クリアできれば、採用に近づくのです。これらのどれもが難しいことですが、根っこにあるのは、1つのことです。
    それは、「自己表現」です。「自己表現」には、いくつかの方法がありますが、ここでは、文章による「自己表現」です。口頭によって、「自分のいいたいこと、伝えたいこと」を表わすのは、比較的に容易です。書くことによって、「自分のいいたいこと、伝えたいこと」を表わすのは、結構困難です。
    しかし、纏め上げると、自分を「文章」によってあらわすことで、客観的に自己省察できるようになります。そして、確実に「自己」が変わります。新しいステージに自分を置くことになるのです。
    ここに紹介する「学生・院生のためのレポート・論文の作成マニュアル」は、長年大学にあって、大学生のレポートの採点、卒論指導、修士・博士論文の評価を行ってきた著者が、論文の書き方、見せ方、報告の仕方の要点を平易に書き表した実用書です。本書は、書名どおりに、論文作成マニュアルが満載です。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 学生・院生のためのレポート・論文の作成マニュアル
  • 学生・院生のためのレポート・論文の作成マニュアル

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中