ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉

  • 20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉

電子書籍版

20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2012年01月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    240
  • デジタルコンテンツタイトル名
    20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉
  • ISBN
    978-4-7612-6809-1
  • 発売日
    2014年11月21日

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,000 (税込:1,100

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 30万部シリーズの第3弾! 人生を大きく変えたきっかけは、うっかり口が滑った瞬間だった。
    経営コンサルタントという仕事柄、これまで仕事を通じて数多くの成功者たちと苦楽を共にしてきた。
    成功者たちの昔話に耳を傾けてきた中で、ある共通点に気づかされた。
    成功者たちが凡人の人生から飛び出したきっかけは、うっかり口が滑った瞬間だったということだ。
    うっかり口が滑った瞬間は恐怖のあまりドッと冷や汗をかいて、心臓の鼓動が高ぶったという。
    「ああ、遂にこれで俺の人生も終わったな」と覚悟を決めたという。
    「ふー、これでもうこの世界で生きていけなくなった」と絶望したという。
    ところが10年後に振り返ってみたら、事実はまったく逆だった。
    口を滑らせた自分自身に、みんな心底感謝したという。
    「逆に自分がもしあの時口を滑らせなかったら、とても退屈な人生の繰り返しだったに違いない」と口を揃えた。
    うっかり口が滑って会社をクビになったことが、起業するきっかけになったと億万長者たちは豪快に笑いながら口を揃えた。
    うっかり口が滑って大口の商談を逃したことが、会社の急成長のきっかけだと名経営者たちは力強い笑顔で口を揃えた。
    うっかり口が滑って村八分にされたことが、全国展開や世界進出のきっかけだとスーパースターたちは口を揃えた。
    うっかり口が滑って離婚したからこそ、その後運命の人と出逢って出世できたと満面の笑みでエグゼクティブたちは口を揃えた。
    口を滑らせないための教育は、もうすでに十分に受けてきた。
    口を滑らせない能力は、既存のレールの上を脱線しないように生きるための力。
    既存のレールの上を脱線しないように粗相なく生きたとしても、実はその先に気が遠くなるほどの長蛇の列が待ち受けている。
    余程の器用か変人以外は必ず途中で脱線してしまうだろう。
    だったら早めに口を滑らせて脱線して、自分でレールを創ってしまえばいい。
    そこには天国が待っているのだから。
    どんなちっぽけなレールでもいい。
    すべての人は、自分のレールを創るためにこの世に生まれてきたのだから。
    --「プロローグ」より

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉
  • 20代で群れから抜け出すために顰蹙を買っても口にしておきたい100の言葉

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中