ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • もしかして自閉症? 子どものために親ができること

  • もしかして自閉症? 子どものために親ができること

電子書籍版

ポイント倍率

もしかして自閉症? 子どものために親ができること

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2008年11月
  • ファイル形式
    XMDF
  • ページ数
    240
  • デジタルコンテンツタイトル名
    もしかして自閉症?
  • ISBN
    978-4-569-70044-1
  • 発売日
    2014年09月26日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

602 (税込:650

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近年では自閉症の子どもは決してめずらしくなく、その数は年々増え続けている。軽度のものは見過ごされがちな一方で、「もしかして、うちの子も?」という気持ちでいる親も少なくない。「ジェスチャーがほとんどない」「ごっこ遊びが苦手」「ぼんやりして次の行動に移れない」「物音に過剰に反応する」など、日常の行動にそのサインは現れている。もしもわが子が自閉症だったら、親には何ができるのか?本書では、そもそも軽症自閉症とはどのようなものなのかをわかりやすく解説した上で、自閉症の見きわめ方、家庭でできる対応法を紹介。子どもにとってもっとも影響力が大きく、また大事な存在である親だからこそできることとは? 「自閉症は改善できる」ことを前提に、親の心情に寄り添いながら述べる。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル PHP新書
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • もしかして自閉症? 子どものために親ができること
  • もしかして自閉症? 子どものために親ができること

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中