ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 運動前のストレッチはやめなさい 体を痛めず硬さをほぐす 効果倍増メソッド

  • 運動前のストレッチはやめなさい 体を痛めず硬さをほぐす 効果倍増メソッド

電子書籍版

運動前のストレッチはやめなさい 体を痛めず硬さをほぐす 効果倍増メソッド

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2014年07月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    176
  • デジタルコンテンツタイトル名
    運動前のストレッチはやめなさい 体を痛めず硬さをほぐす 効果倍増メソッド
  • ISBN
    978-4-7973-7625-8
  • 発売日
    2014年09月25日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

700 (税込:756

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • よかれと思ってやっているストレッチ、じつは逆効果かも!?
    ストレッチはカラダにいい。凝りを解消し、ケガを防ぎ、疲労除去の効果もある。疲れも、凝りも、重いカラダも、ストレッチでジワ~っとほぐして伸ばしてサッパリ。しかし、そのやり方を間違えている人がとても多い。良かれと思ってやっているストレッチが、じつは逆効果になってしまうケースも多いのだ。たとえば運動前のストレッチ。カラダが温まっていない状態でのストレッチは筋繊維を傷つけるだけでなく、運動のパフォーマンスも低下させてしまう。また、肩凝りを解消しようと、肩ばかり伸ばしたり回したりしても良くない。体側や胸、腕など周辺もストレッチすることで、サクッと良くなったりする。ほかにも、女性に多く見られる骨盤の歪みや、猫背などの不良姿勢、不良姿勢が原因の腰痛。どこか一部分の筋肉が柔軟性に欠けるとか、姿勢が崩れてしまうと、それをカバーするためにどこかが無理を強いられるために発生してしまう。ヒトのカラダはボディスーツを着ているみたいに全部つながっているので、カラダ全体の仕組みをとらえたストレッチが求められるのだ。本書ではまず、多くの人が間違っているストレッチ法について解説。そして一番効果が高まるストレッチ法について、イラストやYouTubeの無料動画を参考にできる仕組みとともにわかりやすく解説する。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 運動前のストレッチはやめなさい 体を痛めず硬さをほぐす 効果倍増メソッド
  • 運動前のストレッチはやめなさい 体を痛めず硬さをほぐす 効果倍増メソッド

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中