ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 将棋タイトル戦30年史 1998~2013年編

  • 将棋タイトル戦30年史 1998~2013年編

電子書籍版

将棋タイトル戦30年史 1998~2013年編

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2014年03月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    544
  • デジタルコンテンツタイトル名
    将棋タイトル戦30年史 1998~2013年編
  • ISBN
    978-4-8399-5097-2
  • 発売日
    2014年09月26日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

2,304 (税込:2,488

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    「羽生さんが前にいてくれたことで、自分も伸ばしてもらった」(巻頭・森内俊之インタビューより)

    本書は週刊将棋が創刊された1984年からの30年を、タイトル争いを中心にまとめた「タイトル戦30年史」の下巻に当たるものです。時は平成。第一人者羽生善治に多くの棋士たちが挑み、タイトル争いでは数々の名手、名局、名シーンが生まれました。この16年間で、タイトル戦に登場する戦法は大きく変化しました。横歩取り△8五飛に続き、藤井システム、ゴキゲン中飛車、一手損角換わり、石田流……。丸山、藤井、久保、広瀬、それぞれのスペシャリストがタイトル戦の常連に割って入り、羽生善治はそれらの全てに順応し、トップ棋士であり続けました。そして森内俊之、渡辺明とのライバル対決は現在も続いています。この本は当時の記事、写真を多数収録、時空を越えてみなさんを対局場に誘う、記念碑的一冊です。皆さんにも、思い出に残るタイトル戦が必ずあるはず。本書を読んで、あらためて将棋の30年の歴史を追体験してください。

    ■CONTENTS
    序章:森内俊之竜王名人が語る、私の将棋30年史-第1章:1998年-第2章:1999年-第3章:2000年-第4章:2001年-第5章:2002年-第6章:2003年-第7章:2004年-第8章:2005年-第9章:2006年-第10章:2007年-第11章:2008年-第12章:2009年-第13章:2010年-第14章:2011年第15章:2012年-第16章:2013年

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 将棋タイトル戦30年史 1998~2013年編
  • 将棋タイトル戦30年史 1998~2013年編

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中