ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 将棋タイトル戦30年史 1984~1997年編

  • 将棋タイトル戦30年史 1984~1997年編

電子書籍版

将棋タイトル戦30年史 1984~1997年編

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2014年02月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    528
  • デジタルコンテンツタイトル名
    将棋タイトル戦30年史 1984~1997年編
  • ISBN
    978-4-8399-5022-4
  • 発売日
    2014年09月26日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

2,304 (税込:2,488

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    「時代が変わったなと思いましたよ(笑)。取り残されてしまうんじゃないかと不安になったりしてね」(巻頭・中原誠インタビューより)

    谷川浩司が21歳で名人を獲得し、将棋界が史上空前の盛り上がりを見せた翌年、週刊将棋が創刊されました。本書はそれから30年の将棋界の歩みを、タイトル戦決着局を中心に振り返るものです。皆様にとっての思い出のタイトル戦は何でしょうか?米長四冠達成、中原の2度の名人復位、高橋、南ら55年組の活躍、谷川―羽生のライバル対決、そして夢の七冠達成…。棋界の勢力地図が塗り替えられるたびに、歓喜と悲哀の人間ドラマと、数々の名局と名シーンが生まれました。本書は当時の記事、写真を多数収録、時空を越えて読者を対局場に誘う、記念碑的一冊です。元号は昭和から平成へ。将棋界の歩みと変わりゆく時代の空気を、本書で感じてください。

    ■CONTENTS
    序章:十六世名人中原誠が語る、私の将棋30年史-第1章:1984年-第2章:1985年-第3章:1986年-第4章:1987年-第5章:1988年-第6章:1989年-第7章:1990年-第8章:1991年-第9章:1992年-第10章:1993年-第11章:1994年-第12章:1995年-第13章:1996年-第14章:1997年-巻末資料

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 将棋タイトル戦30年史 1984~1997年編
  • 将棋タイトル戦30年史 1984~1997年編

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中