ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エンダーズ・デッドリードライヴ 東京蹴球旅団2029

  • エンダーズ・デッドリードライヴ 東京蹴球旅団2029

電子書籍版

エンダーズ・デッドリードライヴ 東京蹴球旅団2029

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2014年07月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    340
  • デジタルコンテンツタイトル名
    エンダーズ・デッドリードライヴ 東京蹴球旅団2029
  • ISBN
    978-4-86255-264-8
  • 発売日
    2014年09月12日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,260 (税込:1,361

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近い未来、二〇二八年秋。
    コロンビアの麻薬戦争に巻き込まれた日本人サッカー選手
    群青叶(ぐんじょう・かなえ)は、東京のプロサッカークラブ「銀星倶楽部」の常務、松重崇(まつしげ・たかし)によって救い出される。
    逃走中に負傷しながらも一命をとりとめた群青は帰京し、
    生みの親である「銀星倶楽部」オーナー社長の
    上水流領(かみずる・かなめ)が亡くなる間際、初めての対面を果たす。
    「おまえ、銀星倶楽部の社長になれ」
    妾の子である群青は領の命令に反発するが、
    腹違いの姉上水流奏(かみずる・かなで)が就任を断り、成り手のいない状況で、
    唯ひとつの存在理由を失いたくないと、後継者になることを決意する。
    領の棺を送り出したあと、
    群青は奏がライバルである「インテルクルービ」で専務の座に
    就いていた事実を知る。
    明けて二〇二九年、
    東京都心を二分するプロサッカー興行戦争が
    異母姉弟の手によって開かれようとしていた――

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • エンダーズ・デッドリードライヴ 東京蹴球旅団2029
  • エンダーズ・デッドリードライヴ 東京蹴球旅団2029

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中