ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 彼女の存在、その破片

  • 彼女の存在、その破片

電子書籍版

彼女の存在、その破片

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2014年07月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    400
  • デジタルコンテンツタイトル名
    彼女の存在、その破片
  • ISBN
    978-4-09-406065-2
  • 発売日
    2014年07月25日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

680 (税込:734

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 兄を殺した女? 彼女のことを聞きたいの?

    〈僕〉は、失踪した恋人を探して彼女の生涯にかかわった男女を訪ね歩く。
    「ルリは少女娼婦みたいだった。幼気(いたいけ)な、大胆な、ちょっと痛ましい」
    「ルリを見ていると、心を鷲づかみにされる。うっかり油断すると、彼女の存在感に巻きこまれそうな感じなんだよ」
    「るりは、本質的にこわいもの知らずな女なのよ」
    「るりに触られると、どんなに疲れているときも、からだの隅々まで欲望で満たされた。どこまでも貪欲になれそうだった」
    「るりはサーカスの綱渡りの少女、みたいな感じ? 安全ネットなしの」
    彼らが語る、これが、あなたなの? それは彼らの心の、割れた鏡に映し出された、無数の破片のようだ。
       *
    何かの予兆のように、〈あなた〉の複雑な過去と、天才少年ピアニストだった〈僕〉の挫折と後悔に満ちた半生が響き合う。それから〈僕〉は、少しずつ〈あなた〉のもとに近づいていく。〈あなた〉の後ろ姿を見ながら少しずつ。そこには、僕のピアノ、少年時代の調べが響きつづける。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 彼女の存在、その破片
  • 彼女の存在、その破片

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中