ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 入門 スポーツガバナンス―基本的な知識と考え方

  • 入門 スポーツガバナンス―基本的な知識と考え方

電子書籍版

入門 スポーツガバナンス―基本的な知識と考え方

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2014年04月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    208
  • デジタルコンテンツタイトル名
    入門 スポーツガバナンス―基本的な知識と考え方
  • ISBN
    978-4-492-22340-6
  • 発売日
    2014年05月09日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,760 (税込:1,901

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2020年の東京五輪に向けて、関連するニュースがしばしば流れています。明るいニュースであると同時に、開催国として多くの問題に直面しているというのが現実ですが、本書がテーマとするスポーツガバナンスも、これまでの日本のスポーツ界に存在してきたネガティブな面を是正する方法として、今こそ、大いに論じられるべき時にきています。論点共有のための入門書として、ぜひご一読ください。

    【主な内容】
    巻頭言 ふたつの東京五輪のはざまで (由布節子)
    第1章 スポーツガバナンスの行方-全日本柔道連盟の一連の不祥事を中心に- (落合博)
    第2章 中央競技団体の財務をどう評価するか-評価基準と評価体制・手続について- (武藤泰明)
    第3章 スポーツ統括組織のガバナンスと倫理的問題への対応 (高峰修)
    第4章 五輪に向けたレガシーの創造-スポーツガバナンスのイノベーションを問う- (鈴木知幸)
    第5章 ガバナンスからみたスポーツ指導における暴力行為防止の取組み (森浩寿)
    第6章 スポーツ組織におけるガバナンスの構築について (中田啓)
    第7章 スポーツ選手のパブリシティ (笠原智恵)
    第8章 日本のスポーツガバナンスを考える-笹川スポーツ財団シンポジウム-
     1.パネルディスカッション「日本のスポーツガバナンスを考える」 (佐野慎輔・道垣内正人・藤原庸介・武藤泰明)
     2.《After Thoughts ?》(引き続き)日本のスポーツガバナンスを考える (佐野慎輔)
     3.《After Thoughts ?》スポーツ不祥事について 日本スポーツ仲裁機構になにができるか (道垣内正人)
    あとがき (渡邉一利)

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 入門 スポーツガバナンス―基本的な知識と考え方
  • 入門 スポーツガバナンス―基本的な知識と考え方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中