ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 毒草・薬草事典 命にかかわる毒草から和漢・西洋薬、園芸植物として使われているものまで

  • 毒草・薬草事典 命にかかわる毒草から和漢・西洋薬、園芸植物として使われているものまで

電子書籍版

毒草・薬草事典 命にかかわる毒草から和漢・西洋薬、園芸植物として使われているものまで

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2012年06月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    240
  • デジタルコンテンツタイトル名
    毒草・薬草事典 命にかかわる毒草から和漢・西洋薬、園芸植物として使われているものまで
  • ISBN
    978-4-7973-4269-7
  • 発売日
    2014年04月18日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

900 (税込:972

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    人々は昔から身近にある植物を、さまざまな薬として使いつつ、その毒性にも注目してきた。毒草と薬草は、まさに表裏一体。人間の使い方次第でどちらにも変わりうるのだ。本書はおもに国内で見られる代表的な毒草・薬草について、旬の時期の写真、解説、そして化学式のセットでその奥深さを詳細に語っていく。紙上で展開される毒草・薬草の観賞会、いざご覧あれ。

    ※こんな方に特にオススメ
    ・毒草と薬草の違いを科学的に学びたい方
    ・身近な雑草に関する知識を、もうワンランク深めたい方
    ・毒や薬になる植物と、日本人がどうつきあってきたかを知りたい方

    ※著者からのメッセージ(「はじめに」より)
     トリカブトはヒトにとっては猛毒な植物として知られている。しかしながら、トリカブトの根に加工を加えたものは、漢方では附子や烏頭といった名称で漢方処方用薬として使用される重要な生薬でもある。すなわち、トリカブトは毒草であるとともに薬草でもあるということになる。
     一方、ふつうに食べられているワラビには動物実験で100%発がんさせることのできる化合物が含まれているといったら、おそらく多くの人は驚くであろう。しかし、だからといってワラビは毒草だとして食べるのをやめる人はいるまい。実は、ワラビを食べるときには灰汁抜きということをやるが、この灰汁抜きによって、私たちは発がん物質の摂取を実にうまく避けているのである。
     結局、毒草や薬草というのは、ヒトの側の都合でいっているだけで、毒草となるも、薬草となるも、要はそれぞれの植物の人間の側の使い方であるということになる。すなわち、ある植物が毒草や薬草という性質をもっているのではなく、毒草や薬草という評価は、あくまでも、その結果についての人間の側の判断による。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル サイエンス・アイ新書
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 毒草・薬草事典 命にかかわる毒草から和漢・西洋薬、園芸植物として使われているものまで
  • 毒草・薬草事典 命にかかわる毒草から和漢・西洋薬、園芸植物として使われているものまで

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中