ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 人の心に火をつける どんな環境でも「人」を伸ばし、結果を出すチームマネジメント

  • 人の心に火をつける どんな環境でも「人」を伸ばし、結果を出すチームマネジメント

電子書籍版

ポイント倍率

人の心に火をつける どんな環境でも「人」を伸ばし、結果を出すチームマネジメント

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2012年06月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    219
  • デジタルコンテンツタイトル名
    人の心に火をつける どんな環境でも「人」を伸ばし、結果を出すチームマネジメント
  • ISBN
    978-4-86255-131-3
  • 発売日
    2014年03月20日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,440 (税込:1,555

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「人は3日で変えられる」
    「どんな環境でも人は伸びる」
    人口7万人の地方クラブ、サガン鳥栖を悲願のJ1昇格に導き
    結果を出してきた情熱の指導法とマネジメント。


    ●序章 なぜ松本育夫は人の心に火をつけるのか?



    ●第一章 人の心に火をつける11の鉄則

    ・上の者は下を3年で知り、下の者は上を3日で知る(指導者は1人、選手は11人以上)
    ・指導者に情熱がなかったら選手に見透かされる
    ・選手の査定表はシンプルにビシッと出す
    ・選手はえてして自分の潜在能力をわかっていない ……など


    ●第二章 結果を出すチームを作る15の鉄則


    ・究極のチームには監督がいらない
    ・選手は平等に扱う。ただし、公平はない
    ・勝つために歴史を勉強せよ
    ・野心を持ったコーチを使ったら組織が崩壊する ……など


    ●第三章 人を伸ばすために必要な指導法(選手、指導者の育成)20の鉄則

    ・指導者の指導者は選手である
    ・若者は3日で変えられる
    ・サッカー選手にピアスや茶髪、インターネットはいらない
    ・人間性は周りを見ることから育つ ……など


    ●第四章 リーダーに求められる11の鉄則

    ・監督が自分を売り込んだらダメな理由
    ・仕事はカネではない。契約書は細かく見るな
    ・前に進むときは人に任せろ。辞めるときは自分で決めろ
    ・指導者はおしゃれにも配慮せよ
    ・迷ったら原点に帰る。自分の幹は何か。枝葉に解決を求めてはいけない …など

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 人の心に火をつける どんな環境でも「人」を伸ばし、結果を出すチームマネジメント
  • 人の心に火をつける どんな環境でも「人」を伸ばし、結果を出すチームマネジメント

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中