ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なぜ、北海道はミステリー作家の宝庫なのか?

  • なぜ、北海道はミステリー作家の宝庫なのか?

電子書籍版

なぜ、北海道はミステリー作家の宝庫なのか?

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2009年07月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    274
  • デジタルコンテンツタイトル名
    なぜ、北海道はミステリー作家の宝庫なのか?
  • ISBN
    978-4-900541-81-8
  • 発売日
    2013年12月13日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    佐々木譲、今野敏、京極夏彦、馳星周、東直己、鳴海章、高城高…。日本ミステリーの一翼を担う北海道出身現役作家から、長谷川海太郎、久生十蘭、水谷準、渡辺温など、戦前の探偵小説草創期を支えた作家まで、北海道には知られざるミステリーの系譜があった! 戦前から戦後、現在につながる、北海道出身ミステリー作家80年の系譜、そして知られざる日本ミステリーとの深き縁(えにし)を、40人の作家論から明らかにする、ミステリー王国・北海道「発見の書」。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • なぜ、北海道はミステリー作家の宝庫なのか?
  • なぜ、北海道はミステリー作家の宝庫なのか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中