ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 透明な一日

  • 透明な一日

電子書籍版

透明な一日

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2005年07月
  • ファイル形式
    XMDF
  • ページ数
    517
  • デジタルコンテンツタイトル名
    透明な一日
  • ISBN
    978-4-488-45301-5
  • 発売日
    2013年11月08日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

809 (税込:874

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 十四年前に発生した連続放火事件。その中で能勢幸春と竹島千鶴はそれぞれの母を失った。後に再会した二人は交際を始め、千鶴が妊娠、幸春は結婚の承諾を得るため千鶴の父・久信に会いに行くが、久信は交通事故で記憶障害──前向性健忘に陥り、事故以来六年もの間毎日同じ日を繰り返していた。対面の数日後、幸春の知人で放火事件の関係者でもあった木村泰典が、公園で頭から血を流して倒れているのを発見される。当初は強盗事件と思われたものの、悲劇はこれだけでは終わらなかった……。次第に疑心暗鬼に駆られてゆく幸春と千鶴の未来の行方は? 鬼才が放つ驚愕と感動のミステリ。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 創元推理文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 透明な一日
  • 透明な一日

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中