ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 0歳からの母親作戦

  • 0歳からの母親作戦

電子書籍版

ポイント倍率

0歳からの母親作戦

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2004年08月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • デジタルコンテンツタイトル名
    0歳からの母親作戦
  • ISBN
    978-4-7631-9601-9
  • 発売日
    2013年10月25日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

524 (税込:566

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 歴史的名著『幼稚園では遅すぎる』の続編!

    ソニー創業者・井深大が長年の幼児教育研究の成果をまとめた前著は、
    「人生は3歳までにつくられる」というメッセージとその育児法が中心でしたが、
    氏はその後さらに研究を進めた結果、
    ついに「0歳からの教育」こそがすべての始まりだということに行き着きます。
    そして0歳から3歳児くらいまでを「パターン時代」と名づけ、
    その接し方や環境づくりの重要性を強く説きました。
    本書はそのエッセンスの集大成です。

    【目次より】
    ◎子どもの教育は、生まれた“その瞬間”から始まっている
    ◎3歳までは、親が押しつける時期である
    ◎“育ち”とは、幼児期に身についた生き方のパターン
    ◎幼児期の“子ども扱い”は、自立心の芽をつみ取ってしまう
    ◎母親の役割は、無限の刺激の中からよいものを選択すること
    ◎子どもの“成功”に期待をかける教育は成功しない
    ◎子どもに課した生活ルールには、例外をつくらない
    ◎「日本語を覚えてから外国語を」では遅すぎる
    ◎幼児期だからこそ、一流のものを見せ、よいものを与える必要がある
    ◎興味は、つのらせてはじめて学ぶ原動力になる
    ◎幼児教育の本質は「枠からはみ出す」ところにある・・・etc.

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 0歳からの母親作戦
  • 0歳からの母親作戦

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中