ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • あの日をわすれない はるかのひまわり

  • あの日をわすれない はるかのひまわり

電子書籍版

あの日をわすれない はるかのひまわり

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2005年01月
  • ファイル形式
    EPUB3.0(出版社)
  • ページ数
    40
  • デジタルコンテンツタイトル名
    あの日をわすれない はるかのひまわり
  • ISBN
    978-4-569-68515-1
  • 発売日
    2013年08月09日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

1,019 (税込:1,101

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 阪神・淡路大震災で、妹を亡くした少女の10年を描いたノンフィクション絵本。加藤いつかさんは、阪神・淡路大震災で妹・はるかちゃんを亡くした。体育館での避難生活、次第に生きる意欲を失い壊れかけそうになる家族、厳しい体験が続く。その一方、ボランティアの温かさにも触れた。震災のあった年の夏に、はるかちゃんの亡くなった場所から、大輪のひまわりが咲いた。近所の人が「はるかちゃんのひまわり」と呼んだことから、毎年そのひまわりの種を蒔く活動が広がり、いつのまにか震災自体のイメージの花として、ひまわりが注目されるようになる。当初いつかさんは、辛すぎてひまわりを見ることすらできなかった。しかし、何年も何年も妹の名が付いたひまわりを蒔き続ける活動が続く中、自分もできることから始めようという気持ちが芽生え始める。現在は、震災の語り部として、講演活動にも携わってる。NHKで放映されて感動をよんだ実話の絵本化。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル PHPにこにこえほん
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • あの日をわすれない はるかのひまわり
  • あの日をわすれない はるかのひまわり

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中