ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ぼくが探偵だった夏

  • ぼくが探偵だった夏

電子書籍版

ぼくが探偵だった夏

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2013年07月
  • ファイル形式
    ドットブック
  • ページ数
    256
  • デジタルコンテンツタイトル名
    ぼくが探偵だった夏
  • ISBN
    978-4-06-277592-2
  • 発売日
    2013年08月09日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

476 (税込:514

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 浅見家では毎年、夏を軽井沢の別荘で過ごしていた。浅見家の次男、小五の光彦は、“山の友達”の峰男、夏休み前までは口も利けなかった本島衣理と三人で、女の人が行方不明になったという妖精の森に出かける。緑の館の庭で、昼間堀った大きな穴に、夜、お棺のような箱を埋めようとする怪しい三人組を光彦は目撃する。光彦の不審を本気で聞いてくれたのは、二十歳の地元の刑事竹村岩男だった。浅見光彦、記念すべき最初の事件!(講談社文庫)

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 講談社文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • ぼくが探偵だった夏
  • ぼくが探偵だった夏

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中