ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか

  • 奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか

電子書籍版

奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2011年12月
  • ファイル形式
    XMDF
  • ページ数
    208
  • デジタルコンテンツタイトル名
    奉仕するリーダーシップ
  • ISBN
    978-4-576-11161-2
  • 発売日
    2013年07月05日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

900 (税込:972

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「勝った手柄は選手に。負けた責任は自分が」の信念のもと、メンバーをねぎらい、かばい、その成長に全力を尽くし、それを組織力として終結させる「奉仕のリーダーシップ」とは?
    低迷中だった東京ヤクルトスワローズ大躍進を演出した「日本一の地味監督」小川淳司の牽引術を臨床スポーツ心理学のエキスパートが分節する!

    2011年のヤクルトほど、選手が生き生きとプレーしたチームを探し出すのは、難しい。時代は20世紀に幅を利かせたトップダウン方式のチームから、フラット方式のチームに確実に移行している。……小川ヤクルトも選手やコーチ陣相互の絆をことさら大切にする。それは、チームというよりもファミリーに近い。 しかし、それでは勝者の仲間入りすることはできない。小川ヤクルトが目指すファミリーを支えているのは団結心であり、お互いの信頼関係である。こんなリーダーが、これまでの日本のプロ野球界にいただろうか。(「まえがき」より)

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか
  • 奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中