ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 保護者の要望をどう受けとめるか 苦情解決・第三者評価に求められる保護者への説明責任

  • 保護者の要望をどう受けとめるか 苦情解決・第三者評価に求められる保護者への説明責任

電子書籍版

保護者の要望をどう受けとめるか 苦情解決・第三者評価に求められる保護者への説明責任

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2002年09月
  • ファイル形式
    XMDF
  • ページ数
    168
  • デジタルコンテンツタイトル名
    保護者の要望をどう受けとめるか
  • ISBN
    978-4-577-80274-8
  • 発売日
    2012年02月24日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

840 (税込:907

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 延長保育、休日保育、夜間保育など、子育て支援として園が果たしている機能は、依存性の強い親にしていくことと、決して同義語ではないのです。「子育て支援」とか、「共に育児を考える」ことの根底には、園側の説明責任と応答責任、そして行動責任をもつことがあり、親自身が社会的自己責任を獲得して、それを双方が認め合う上に成り立つものだと言えます。利用者と保育所とが対等な立場に立った「苦情の適切な解決」「苦情解決のシステム化」を通して、これからの園運営を考えます。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 保護者の要望をどう受けとめるか 苦情解決・第三者評価に求められる保護者への説明責任
  • 保護者の要望をどう受けとめるか 苦情解決・第三者評価に求められる保護者への説明責任

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中