ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦塵外史 野を馳せる風のごとく

  • 戦塵外史 野を馳せる風のごとく

電子書籍版

戦塵外史 野を馳せる風のごとく

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2006年10月
  • ファイル形式
    ドットブック
  • ページ数
    280
  • デジタルコンテンツタイトル名
    戦塵外史
  • ISBN
    978-4-7973-3776-1
  • 発売日
    2012年02月10日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

550 (税込:594

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 国がひとつ、死に瀕していた。「面白かったな」というのが、国の最高権力者アバール大公の感想である。無骨な漢達がしのぎを削る! 戦塵外史シリーズ第一弾! 「どけえいっ」 一陣の風のごとく戦場を駆け抜ける赤毛の巨馬。騎乗する男が振るうのは、一スタルト(約三・六メートル)はあろうかという“削り出し”の大槍だ。それに触れた五人の兵士の首が一度に飛ぶ。人間業ではない。彼の名はダリウス。今は亡きアバール大公国の世継ぎである。その肉体も、精神も、強さも、全てが桁外れの男である。「兵を挙げて頂きたく存じます」 彼の内縁の妻アスティアが連れてきたのは、亡国の皇女フィアナだった。生ぬるい平和に退屈していたダリウスは即決した。たった五人で一国を奪う……。こんな愉快な話が他にあるだろうか。「ひとつ派手にやろうじゃないか!」

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル GA文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦塵外史 野を馳せる風のごとく
  • 戦塵外史 野を馳せる風のごとく

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中