ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • NOVA1【分冊版】屍者の帝国

  • NOVA1【分冊版】屍者の帝国

電子書籍版

NOVA1【分冊版】屍者の帝国

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    XMDF
  • デジタルコンテンツタイトル名
    NOVA【分冊版】
  • 発売日
    2012年01月18日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

100 (税込:108

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • わずか2年の作家期間にもかかわらず、日本SFに巨大な足跡を遺した伊藤計劃(没後、『ハーモニー』で第30回日本SF大賞受賞)、圧巻の絶筆。書き下ろし長編作品の冒頭に相当する。
    SF界屈指の翻訳者/書評家・大森望の責任編集でお届けするオリジナル日本SFアンソロジー『NOVA1』(全11編)の分冊版。「屍者の帝国」(解説:大森望)に併せて、「序」(大森望)収録。
    【作品冒頭】
     まず、わたしの仕事から説明せねばなるまい。
     必要なのは、何をおいてもまず、屍体だ。
     薄暗い講堂に入ると、微かに異臭が感ぜられた。思わずウェストコートのポケットからハンカチーフを取り出し鼻を覆う。見当はすぐにつく。これは校舎の臭いではない。ほぼ確実に骸の臭い、屍体の臭いだ。八角形の講堂の中心に置かれているのは解剖台で、その傍らには教授と瓦斯灯、何やら台に乗せた複雑怪奇な機械が付き添っている。わたしは友人のウェイクフィールドと共に講堂へと入ると、教授と解剖台との周囲を八角形に取り巻く席のひとつにつき、続く聴講生全員が講堂に入ってくるのを待った。
    「あれがそうかな」
     解剖台の上に横たわるものを指さしながら、ウェイクフィールドが耳許でささやく。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 河出文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • NOVA1【分冊版】屍者の帝国
  • NOVA1【分冊版】屍者の帝国

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中