ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • NOVA1【分冊版】黎明コンビニ血祭り実話SP

  • NOVA1【分冊版】黎明コンビニ血祭り実話SP

電子書籍版

NOVA1【分冊版】黎明コンビニ血祭り実話SP

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    XMDF
  • デジタルコンテンツタイトル名
    NOVA【分冊版】
  • 発売日
    2012年01月18日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

100 (税込:108

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • テキストによる現実改変が炸裂し、スプラッタテイスト満点の戦闘が展開される本格SF短編。
    SF界屈指の翻訳者/書評家・大森望の責任編集でお届けするオリジナル日本SFアンソロジー『NOVA1』(全11編)の分冊版。「黎明コンビニ血祭り実話SP」(解説:大森望)に併せて、「序」(大森望)収録。
    【作品冒頭】
     夜明けが近い。
     カワタは子供の死を看取るかのような表情で、棚に商品を並べていた。憂鬱だった。深夜のコンビニバイト歴が長い彼は、経験としてこの時間帯に来る客がろくでもない人間ばかりであることを知っていた。
     店内にいる客をそれとなく観察する。本来この時間帯は客などほとんどいないのだ。客がいなければ、店長もいないこの時間、休憩し放題だ。普通夜勤には防犯の意味もあって、二人で勤務させる店が多い。だがこの店のオーナーは、どうせ暇なのだからと夜勤は一人に定めていた。カワタが夜勤のバイトを続けているのは、一人で気楽に仕事が出来る、いや、休憩が出来るからだ。だが客が一人でもいれば休憩など出来ない。だからこの時間に来て長居する客を、カワタは本気で呪う。この時間に長時間立ち読みなどをされると、発作的に後ろから絞め殺してしまいそうになる。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 河出文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • NOVA1【分冊版】黎明コンビニ血祭り実話SP
  • NOVA1【分冊版】黎明コンビニ血祭り実話SP

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中