ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • NOVA1【分冊版】ゴルコンダ

  • NOVA1【分冊版】ゴルコンダ

電子書籍版

NOVA1【分冊版】ゴルコンダ

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • ファイル形式
    XMDF
  • デジタルコンテンツタイトル名
    NOVA【分冊版】
  • 発売日
    2012年01月18日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

100 (税込:108

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞の斉藤直子が贈る、奇想天外なバカSF。
    SF界屈指の翻訳者/書評家・大森望の責任編集でお届けするオリジナル日本SFアンソロジー『NOVA1』(全11編)の分冊版。「ゴルコンダ」(解説:大森望)に併せて、「序」(大森望)収録。
    【作品冒頭】
     先輩が家を建てたというので僕はヤカンを持ってお祝いに行くことにした。なぜヤカンかというと、「家を焼かん」のごろあわせで普請の縁起物やと奈良のおばあちゃんに聞いたから。「焼かない」の意味の「焼かん」より、「焼けない」意味の「焼けん」のほうが防火力が高そうな気がするが、「焼けん」のごろあわせは「野犬」しか思いつかないのが難だ。がるるる言ってる野犬なんて、贈るほうも貰うほうも扱いにくいに違いない。
     そんなことを考えているうち先輩の新居に着いたが、これが野犬を連れてきても問題ないような大豪邸で驚いた。風呂あがりには机に置いたメガネまで曇る僕の狭小ワンルームとは大違い。インターホンを押すと、「ハーイ」とかわいい声がした。奥さんの梓さんだ。先輩の前のマンションで何度か会ったが、めちゃめちゃ美人さんである。

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル 河出文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • NOVA1【分冊版】ゴルコンダ
  • NOVA1【分冊版】ゴルコンダ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中