ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ひとたび触れあえば ダンテ一族の伝説 II

  • ひとたび触れあえば ダンテ一族の伝説 II

電子書籍版

ひとたび触れあえば ダンテ一族の伝説 II

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2009年03月
  • ファイル形式
    XMDF
  • ページ数
    156
  • デジタルコンテンツタイトル名
    ひとたび触れあえば
  • ISBN
    978-4-596-51285-7
  • 発売日
    2012年01月18日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

600 (税込:648

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ダンテ家の次男マルコは、出張先でとんでもない知らせを耳にした。双子の弟ラザロが、ケイトリン・ボーンとつき合っているというのだ。ケイトリンは六週間前、ダンテ一族が営む会社に入ってきた女性だ。受付ロビーで出会った瞬間、運命を感じるほどに惹かれあったが、その後すぐ、マルコは出張のため会社を離れねばならなかった。どうやら彼女は、ロビーで会ったのがラザロだったと誤解したらしく、弟はその勘違いを利用して、ケイトリンに近づいたようだ。すぐさま帰国してラザロを責めると、弟は平然と言い返した。今夜、ケイトリンにプロポーズをするのだと。冗談じゃない。たとえ双子の弟であっても、運命の女性は渡せない。マルコは頭を必死に働かせ、ある計画を思いついた。★〈ダンテ一族の伝説〉二話目です。ダンテ一族には、運命の女性に会うと“炎”に身を包まれるという言い伝えがあります。次男のマルコも“炎”によって運命の女性とめぐりあったのですが……。★

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル ハーレクイン
掲載誌 ハーレクイン・ディザイア
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • ひとたび触れあえば ダンテ一族の伝説 II
  • ひとたび触れあえば ダンテ一族の伝説 II

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中