ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • パレット文庫 キャットウォーク事件簿No.3

  • パレット文庫 キャットウォーク事件簿No.3

電子書籍版

パレット文庫 キャットウォーク事件簿No.3

  • ダウンロード可能端末数
    5
  • 書籍版発行年月日
    2004年12月
  • ファイル形式
    XMDF
  • ページ数
    237
  • デジタルコンテンツタイトル名
    パレット文庫 キャットウォーク事件簿
  • ISBN
    978-4-09-421499-4
  • 発売日
    2012年01月19日

本商品は交換・返品不可となっております。ご了承ください。

本商品はキャンセル不可となっております。ご了承ください。

この商品は紙書籍ではありません。
デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
ご利用の環境によっては、電子書籍の閲覧ができない環境がございます。
こちらのガイドラインをご覧下さい。
ダウンロード可能端末数は、5台までとなっています。

280 (税込:302

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1000ccのバイクを乗り回し、カクテルバーでバイトをする、タカラヅカの男役のような凛々(りり)しい美女――4年生の瀬田(せた)は学内の有名人だ。そんな彼女が後輩の悠次(ゆうじ)に頼み事を…彼が犬猫と話せるという噂(うわさ)を半(なか)ば信じて? バイト先の同僚(どうりよう)の男・徳永(とくなが)が飼い始めたまだ幼いダックスフントが行方(ゆくえ)不明なので、相談に乗ってやってくれという。将(まさる)も同行するが、徳永によると、なんとその犬は他の家で飼われており、飼い主は自分の犬だと主張して埒(らち)が明かないらしい。個体の識別が困難な純血種のうえ、徳永は認識チップもいれていない。将は内偵(ないてい)のためタマを送り込んだのだが、今度はタマが行方不明!?

商品詳細情報

フォーマット 電子書籍
レーベル パレット文庫
カラー モノクロ/一部カラー

ページの先頭へ

閉じる

  • パレット文庫 キャットウォーク事件簿No.3
  • パレット文庫 キャットウォーク事件簿No.3

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中