ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」ハイライト

  • フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」ハイライト

ポイント倍率

フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」ハイライト

  • 盤種
    CD
  • ディスク枚数
    1
  • 型番(品番)
    TOCE-13448
  • 発売日
    2007年01月24日

1,238 (税込:1,337

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • `EMI CLASSICS 決定盤1300`シリーズ。2007年1月発売分(全20タイトル)。本作はジェフリー・テイト指揮、バイエルン放送交響楽団他による、フンパーディンク「歌劇《ヘンゼルとグレーテル》」(抜粋)を収録した、1989年録音盤。
曲目リスト
ディスク1
  1. 1 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第1幕「家で」スーゼちゃん、かわいいスーゼちゃん(グレーテル)
  2. 2 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第1幕「家で」それでいいわ!(グレーテル)
  3. 3 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第1幕「家で」わたしといっしょに来て踊りましょう(グレーテル)
  4. 4 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第1幕「家で」こら!(母親)
  5. 5 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第1幕「家で」お行き!森へ行くのだよ!(母親)
  6. 6 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第1幕「家で」もしあいつらが、森の中で(父親)
  7. 7 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第1幕「家で」とても年を取ったひとりの魔女が(父親)
  8. 8 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第2幕「森の中」小人がひとり森の中で……(グレーテル)
  9. 9 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第2幕「森の中」僕のいちごのかごが(ヘンゼル)
  10. 10 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第2幕「森の中」グレーテル……(ヘンゼル)
  11. 11 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第2幕「森の中」わたしは小さな眠りの精だよ(眠りの精)
  12. 12 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第2幕「森の中」夜になってわたしが眠りにつくと(ヘンゼルとグレーテル)
  13. 13 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第2幕「森の中」≪パントマイム≫
  14. 14 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第3幕「お菓子の家」わたしはどこにいるのかしら(グレーテル)
  15. 15 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第3幕「お菓子の家」じっとしていて!じっとしていて!(グレーテル)
  16. 16 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第3幕「お菓子の家」なんてすてきなにおいがするんでしょう!(グレーテル)
  17. 17 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第3幕「お菓子の家」カリカリ、ガリガリと(小さな家からの声)
  18. 18 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第3幕「お菓子の家」わたしは、うまい物が好きな……(魔女)
  19. 19 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第3幕「お菓子の家」止まれ!(魔女)
  20. 20 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第3幕「お菓子の家」ほうれ、ピョン、ピョン、ピョン!(魔女)
  21. 21 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第3幕「お菓子の家」起きろ!さあ起きろ(魔女)
  22. 22 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 ばんざーい!(ヘンゼルとグレーテル)≪お菓子のワルツ≫
  23. 23 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 もう永遠にのろいがとけて(お菓子の子供たち)
  24. 24 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 おとうさん!おかあさん!(ヘンゼルとグレーテル)

商品詳細情報

代表商品コード 4988006850002
特典・初回仕様について <特典について>
ご注文時に「特典つき」の表記がある商品は、特別な記載がない限り、特典をお付けして商品を発送いたします。
予約受付期間の途中で「特典つき」表記が追加された場合、ご予約済のお客様も特典対象となります。

<初回仕様がある商品について>
初回仕様商品は在庫が無くなり次第、終了となります。
発売日以降のご注文につきましては、通常仕様商品に切り替えて発送をさせていただく場合もございますので、ご了承ください。
発売日を過ぎても初回仕様の商品画像が掲載されている場合がございますが、上記により、通常仕様商品が出荷される可能性がございます。

商品のおすすめ

バーバラ・ボニー、アンネ=ゾフィー・フォン・オッターという、当時の新進、そして現在の超スーパースターをヘンゼルとグレーテルに配役した、完成度の高い歌劇演奏です。緻密で重厚なバックグラウンドを演出するバイエルン放送交響楽団の演奏も、この作品を素晴らしいものに仕上げた原動力といえるでしょう。抜粋ではありますが、原作の本質、聴き所はすべて押さえた選曲で、極めて音楽的・芸術的な処理のなされた理想的な「ヘンゼルとグレーテル」として、多くの人に聴いていただきたい1枚です。

ページの先頭へ

閉じる

  • フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」ハイライト
  • フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」ハイライト

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中