ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 週刊ダイヤモンド 2020年1月25日号

  • 週刊ダイヤモンド 2020年1月25日号

週刊ダイヤモンド 2020年1月25日号

  • 号数
    2020年1月25日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    20244
  • 発売日
    2020年01月20日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

※こちらの商品は発売日以降、順次お届けとなります。

664 (税込:730

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 創業101年のパナソニックに再び経営危機が迫っている。事業軸を担当する
    五つのカンパニー全ての業績が振るわず、2020年3月期見通しでは営業利益が
    前年同期比で1000億円もダウンする異常事態なのだ。
    日立製作所やソニーが過去最高の営業利益を更新する中、なぜ、パナソニックだけが
    凋落してしまったのか。
    その背景には、レガシー企業に共通する「組織の老衰」という弊害があった。

    ●パナソニックを蝕む「老衰」危機
    ・スクープ! 家電部門「本社」を中国に移転
    ・《内部資料入手》年収1500万円超「働かないおじさん」に迫るリストラ
    ・「街のでんきやさん」1万店減の絶体絶命
    ●破壊者・津賀社長が激白
    「もう許さない。モグラ叩きはおしまいだ」
    ●最高益ソニー・日立との明暗
    ・パナVS日立「買い物」「売り物」の収支決算
    ・トヨタ軍門に降った自動車事業
    ●五大データで歴然 電機22社の「経営力」格差ランキング
    ・経営者ランキング 1位日本電産、2位村田製作所、21位津賀社長

    【特集】パナソニック 名門電機の凋落
    (Interview)
    独占! 破壊者津賀社長の懺悔
    津賀一宏●パナソニック代表取締役社長

    「Part 1」二大誤算を招いた老衰危機
    「Part 2」家電 自動車 事務機 「再編号砲」に及び腰
    「Part 3」BtoCの呪縛
    「Part 4」人事大混乱
    「Part 5」五大データで歴然 電機22社の経営力格差

    【特集2】財政膨張

    【緊急特集】中東混迷 株・為替・原油の行方

    【ダイヤモンド・オンライン発】
    ゴーン被告の潔白主張会見、日産「私物化」反論に証拠なし

商品詳細情報

代表商品コード 4910202440107
サイズ Aヘン
雑誌概要 書店で1番売れているビジネス雑誌
出版社情報 【特集】
●パナソニック
  名門電機の凋落

Interview
 ◇独占!破壊者津賀社長の懺悔
   津賀一宏 パナソニック代表取締役社長
Part 1 
 ◇二大誤算を招いた老衰危機
  ・スクープ!“伏魔殿”家電の「本社」を中国移転
  ・トヨタの軍門に降った自動車事業
Part 2 
 ◇家電 自動車 事務機 「再編号砲」に及び腰
  ・富士破談で動くキヤノン・リコー
  ・日立・ソニーと明暗を分けた「元凶」
  ・液晶・半導体事業に続く次なる売却・撤退リスト
Part 3 
 ◇BtoCの呪縛
  ・幻に終わった南海ホークス買収
  ・「街のでんきやさん」の絶体絶命
  ・Column 
    量販店に「大幅値上げ」で対抗 奇策成功のパナショップ
Part 4 
 ◇人事大混乱
  ・内部資料入手!「年収1500万円」幹部に迫るリストラ
  ・後継者レースに社内が白けるワケ
Part 5 
 ◇五大データで歴然 電機22社の経営力格差
  ・パナ20年で時価総額「半減」の顛末


【特集2】
●財政膨張


【緊急特集】
●中東混迷
  株・為替・原油の行方

 ◇ウォール・ストリート・ジャーナル発
  ・トランプ外交、壮大な実験が正念場に
  ・米イラン対立、イラクの民兵勢力が不確定要素に
 ◇どうなる!?金融マーケット 株式・為替・原油の行方
  ・為替 
    “有事の円買い”続くと限らず 「原油高・円安」を警戒せよ
  ・原油 
    シーア派ベルトでリスクが高まれば原油価格を押し上げ
  ・見通し 
    中東有事で原油高が続けば日本の所得は海外へ流出する
 ◇株式市場 透視眼鏡
   市場は地政学リスクを再認識 業績水準低く上値は限られる
 ◇金融市場 異論百出
   原油高騰時に日銀はどう動く?過去4回の検証とシナリオ分析


…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

商品のおすすめ

創業101年のパナソニックに再び経営危機が迫っている。事業軸を担当する
五つのカンパニー全ての業績が振るわず、2020年3月期見通しでは営業利益が
前年同期比で1000億円もダウンする異常事態なのだ。
日立製作所やソニーが過去最高の営業利益を更新する中、なぜ、パナソニックだけが
凋落してしまったのか。
その背景には、レガシー企業に共通する「組織の老衰」という弊害があった。

●パナソニックを蝕む「老衰」危機
・スクープ! 家電部門「本社」を中国に移転
・《内部資料入手》年収1500万円超「働かないおじさん」に迫るリストラ
・「街のでんきやさん」1万店減の絶体絶命
●破壊者・津賀社長が激白
「もう許さない。モグラ叩きはおしまいだ」
●最高益ソニー・日立との明暗
・パナVS日立「買い物」「売り物」の収支決算
・トヨタ軍門に降った自動車事業
●五大データで歴然 電機22社の「経営力」格差ランキング
・経営者ランキング 1位日本電産、2位村田製作所、21位津賀社長

【特集】パナソニック 名門電機の凋落
(Interview)
独占! 破壊者津賀社長の懺悔
津賀一宏●パナソニック代表取締役社長

「Part 1」二大誤算を招いた老衰危機
「Part 2」家電 自動車 事務機 「再編号砲」に及び腰
「Part 3」BtoCの呪縛
「Part 4」人事大混乱
「Part 5」五大データで歴然 電機22社の経営力格差

【特集2】財政膨張

【緊急特集】中東混迷 株・為替・原油の行方

「ウォール・ストリート・ジャーナル発」
トランプ外交、壮大な実験が正念場に
米イラン対立、イラクの民兵勢力が不確定要素に

どうなる!? 金融マーケット 株式・為替・原油の行方
(為替)"有事の円買い"続くと限らず 「原油高・円安」を警戒せよ
(原油)シーア派ベルトでリスクが高まれば原油価格を押し上げ
(見通し)中東有事で原油高が続けば日本の所得は海外へ流出する

(株式市場 透視眼鏡)市場は地政学リスクを再認識 業績水準低く上値は限られる●居林 通
(金融市場 異論百出)原油高騰時に日銀はどう動く? 過去4回の検証とシナリオ分析●加藤 出

【人物】
(オフの役員)長田英知●Airbnb Japan執行役員
(イノベーターの育ち方)北野華子●NPO法人Being ALIVE Japan理事長

【NEWS】
「Data」
(数字は語る)9兆2047億円 2020年度の国の基礎的財政収支赤字●小黒一正

【ダイヤモンド・オンライン発】
ゴーン被告の潔白主張会見、日産「私物化」反論に証拠なし

ページの先頭へ

閉じる

  • 週刊ダイヤモンド 2020年1月25日号
  • 週刊ダイヤモンド 2020年1月25日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中