ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • AERA(アエラ) 2019年12月30日-1月6日合併号<表紙:木村拓哉>

拡大

  • AERA(アエラ) 2019年12月30日-1月6日合併号<表紙:木村拓哉>

AERA(アエラ) 2019年12月30日-1月6日合併号<表紙:木村拓哉>

  • 号数
    2020年1月6日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    21011
  • 発売日
    2019年12月23日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

※こちらの商品は発売日以降、順次お届けとなります。

391 (税込:430

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ■ 木村拓哉さんがAERA表紙に登場! 蜷川実花さん撮り下ろし
    カラーグラビア+インタビュー5ページ!

    1月4日、5日に主演するフジテレビ開局60年特別企画ドラマ「教場」の放送を、
    1月8日にはソロアルバム「Go with the Flow」の発売を控え、
    分刻みのスケジュールの中で実現した撮影とインタビュー。
    表紙と1ページコラム「表紙の人」はもちろん、カラーグラビアにも5ページを割き、写真もお話もたっぷり収録しました。撮影はもちろん蜷川実花です。

    ■人気漫画「あたしンち」の連載も開始! 巻頭特集は「デジタル親孝行」
    この号の巻頭特集は「親孝行2020――実家と親の不安をデジタルで解消」。
    作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏による書き下ろし新連載「池田大作研究――世界宗教への道を追う」がスタートするほか、
    けらえいこ氏による人気漫画「あたしンち」の連載も始まります。

    巻頭特集は「親孝行2020――実家と親の不安をデジタルで解消」。水や米の買い物に困っていないか。転んで動けなくなっていないか。遠く離れていればもちろん、近くに住んでいても老親の心配はつきません。そんな子ども世代の不安を解消し、親の生きがい作りにもつながる「デジタル化」。年末年始の休みを利用してできる「デジタル親孝行」を提案しています。近い将来、実用化される「アバターロボット」を体験したり、ガラケーからスマホへの移行を成功させるコツや月額500円からの「見守りサービス」を厳選してご紹介したり。この特集に沿って「デジタル化」を進めるうちに、親子のコミュニケーションも深まります。

商品詳細情報

代表商品コード 4910210110108
サイズ Aヘン
この号の内容 ■ 木村拓哉さんがAERA表紙に登場! 蜷川実花さん撮り下ろし
カラーグラビア+インタビュー5ページ!

1月4日、5日に主演するフジテレビ開局60年特別企画ドラマ「教場」の放送を、
1月8日にはソロアルバム「Go with the Flow」の発売を控え、
分刻みのスケジュールの中で実現した撮影とインタビュー。
表紙と1ページコラム「表紙の人」はもちろん、カラーグラビアにも5ページを割き、写真もお話もたっぷり収録しました。撮影はもちろん蜷川実花です。

■人気漫画「あたしンち」の連載も開始! 巻頭特集は「デジタル親孝行」
この号の巻頭特集は「親孝行2020――実家と親の不安をデジタルで解消」。
作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏による書き下ろし新連載「池田大作研究――世界宗教への道を追う」がスタートするほか、
けらえいこ氏による人気漫画「あたしンち」の連載も始まります。

巻頭特集は「親孝行2020――実家と親の不安をデジタルで解消」。水や米の買い物に困っていないか。転んで動けなくなっていないか。遠く離れていればもちろん、近くに住んでいても老親の心配はつきません。そんな子ども世代の不安を解消し、親の生きがい作りにもつながる「デジタル化」。年末年始の休みを利用してできる「デジタル親孝行」を提案しています。近い将来、実用化される「アバターロボット」を体験したり、ガラケーからスマホへの移行を成功させるコツや月額500円からの「見守りサービス」を厳選してご紹介したり。この特集に沿って「デジタル化」を進めるうちに、親子のコミュニケーションも深まります。
出版社情報 【巻頭特集】
●親孝行2020
 ◇実態
  ・実家と親の不安「デジタル」で解消 離れていても近くに感じる
  ・親の「スマホ移行」成功のコツ10
 ◇トレンド 月額500円からのデジタル親孝行
 ◇ノウハウ 年末年始は親子でリテラシー共有&リスク対策

◆IT スマホとHDDは「暗号化+初期化」「破壊」が安心
◆皇室 「愛子天皇」待望論と日本のジェンダーギャップ
◆社会
 ・Change.orgの中の人「一人称の物語が社会を変える」
 ・伊藤詩織さん民事で勝訴 「刑事は不起訴」の違和感
 ・’19 アエラ一行コピー 49連発
◆スポーツ
 ・獣神サンダー・ライガーは平成の化身
 ・今度の箱根駅伝は史上最アツ 100年目の見どころ

◆集中連載(1)
  池田大作研究
   世界宗教への道を追う 佐藤 優

◆TOKYO2020
 ・車いすテニス 国枝慎吾 東京でリオの雪辱に挑む
 ・マラソン 鈴木亜由子 人生を変えた北海道が舞台
   「何かの縁を感じます」
 ・パラアスリートが語るスポーツの力
   池崎大輔・山本篤・成田真由美
 ・パラアーチェリー 岡崎愛子
   JR宝塚線事故から生還「人生を楽しみたい」
◆インタビュー
 ・木村拓哉 「自分を作った人」を語る
   「あの教えがあったからいまがある」
 ・森田 剛の仕事と日常
◆ドラマ いま観るべき海外ドラマ30
  「ダウントン・アビー」「ジャック・ライアン」
◆教育
 ・部活顧問のセクハラ・パワハラも泣き寝入りしない
 ・記述式も英語民間試験もなくなった20年度入試を検証
◆政治 合流協議入りの立憲民主党と国民民主党 旗印は「嫌安倍」

◆現代の肖像
  オカダ・カズチカ プロレスラー/吉井妙子

【新連載】
◆あたしンち けらえいこ

…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

商品のおすすめ

新連載:池田大作研究-宗教世界への道を追う-佐藤優|

佐藤優氏による書き下ろし新連載
「池田大作研究――世界宗教への道を追う」がAERAでスタート
週刊誌AERA(朝日新聞出版)は、作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏による書き下ろし新連載「池田大作研究――世界宗教への道を追う」をスタートさせます。
第1回の掲載は、12月23日発売の12月30日-1月6日合併号。
毎週4ページ、全35回程度で、8月いっぱいまで続ける予定です。
世帯数にして827万の学会員を擁する創価学会は、近年、世界192の国と地域にも広がりを見せています。創価学会を支持母体とする公明党は、長く政権与党の一翼を担っており、池田大作という人物と創価学会について知ることは、いまの日本と世界を理解する上できわめて重要だと判断し、連載を始めることにしました。
連載では、「創価学会が国内外でなぜこれほど浸透したのか」という問題関心に従って、「反戦平和」を軸に、教育、夫婦、師弟、政教分離、核廃絶といった切り口で、池田大作氏の人物像と思想を検証していく予定です。佐藤氏はこの連載について、「間違いなく、私にとっての大きな仕事になる」と話しています。
●連載「池田大作研究――世界宗教への道を追う」について
筆者は作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏。
12月30日-1月6日合併号(12月23日発売)から、毎週4ページでスタート。
8月いっぱいまで、全35回を予定。

ページの先頭へ

閉じる

  • AERA(アエラ) 2019年12月30日-1月6日合併号<表紙:木村拓哉>

拡大

  • AERA(アエラ) 2019年12月30日-1月6日合併号<表紙:木村拓哉>

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中