ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • AERA(アエラ) 2019年10月7日号<表紙: 荒牧慶彦>

  • AERA(アエラ) 2019年10月7日号<表紙: 荒牧慶彦>

AERA(アエラ) 2019年10月7日号<表紙: 荒牧慶彦>

  • 号数
    2019年10月7日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    21011
  • 発売日
    2019年09月30日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

361 (税込:397

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

代表商品コード 4910210111099
サイズ Aヘン
この号の内容 2.5次元のトップランナー 荒牧慶彦さんが「AERA」の表紙に初登場!
撮影は蜷川実花
3ページのカラーグラビア+インタビューも掲載!

ミュージカル「テニスの王子様」でデビューし、
舞台「刀剣乱舞」で大ブレイクした2.5次元俳優のトップランナーの一人、
荒牧慶彦さんが、9月30日発売のAERAの表紙に初登場です。
3ページにわたるカラーグラビア+インタビューでは、自らを「自立したかまってちゃん」と分析し、「イタズラ好き」を告白。
具体的な名前を挙げて「なりたい大人」像についても語っています。
撮影はいずれも、蜷川実花です。この号の特集は「食べ方次第で集中できる」。
いつ、何を、どう食べるかで血糖値と体内時計をコントロールし、
集中力を高める方法を詳細にレポートしています。
出版社情報 【巻頭特集】
●血糖値と体内時計をコントロール
 ◇最前線
  ・「食べ方」次第で集中できる
    眠い・ダルい・イライラの原因は糖質中毒
  ・レーズンから始めるマインドフルネス的食べ方
  ・心の不調にも「食べ方」が効く
 ◇ノウハウ シチュエーション別「最強」の食べ方

◆経済 消費増税「持ち帰ると言ったのにイートインは罪?」
◆スポーツ
 ・ラグビーW杯で日本流「ビールの売り子」が世界デビュー
 ・ラグビージャージー「1試合ごとに100枚納品」の舞台裏
 ・世界体操は五輪へのステップ
 ・谷川兄弟インタビュー「体操が絆を強くする」
◆働き方 部下の本音は「隠語」にアリ
◆ペット 乳がんで死ぬ猫を減らす「キャットリボン運動」始動

◆時代を読む
  香港は暴力が支配する街になった

◆対談
 ・松重 豊×北川景子
   「妊活」で見えた夫婦の不公平と宝物
 ・高橋みなみ×瀬尾まなほ
   寂聴さんからもらった大切な言葉
◆ファッション
  「汚れない白デニム」をコーヒー・しょうゆ・ケチャップで検証
◆インタビュー
  荒牧慶彦の新境地
   2.5次元のトップランナー
◆子ども
 ・家族というシステムに巣くう「本当の親」の呪縛
 ・虐待体験を発信する「インタナリバティプロジェクト」
◆社会
 ・東電裁判でわかった「日本の事故調」の機能不全
 ・台風15号の長期停電 「林業衰退」「気候変動」でどこでも起こる

◆最終回
  ぐっちーさんのここだけの話

◆表紙の人
  荒牧慶彦 俳優
◆現代の肖像
  今泉忠明 動物学者/澤田 憲

…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

商品のおすすめ

9月30日発売のAERA10月7日号の表紙に登場するのは、俳優の荒牧慶彦さん。ミュージカル「テニスの王子様」でデビューし、舞台「刀剣乱舞」で大ブレイクを果たした荒牧さんは、自他ともに認める2.5次元のトップランナーの一人です。現在は、福岡で上演中の舞台「サザエさん」にカツオ役で出演中。すらりとした長身にはかなげな佇まい、繊細な演技力にも定評がある荒牧さんですが、自己分析は「自立したかまってちゃん」。意外にも、素顔はカツオにも通じる「イタズラ好き」だと言います。インタビューでは、共演者たちが驚いたり困ったりしている顔を見るのが好き、とも語っています。

最近はテレビドラマやラジオなど、活躍の場を広げる荒牧さんですが、特別な場合以外は何事も人に相談せず、自分で解決するタイプ。「しんどくなったときにすること」や「なりたい大人像」の答えは具体的で意外なものでした。

この号の巻頭特集は、「食べ方次第で集中できる」。体質や年齢、ストレスのせいだと思っていた眠気やダルさ、イライラは、食べ方を変えることで改善できます。カギは「血糖コントロール」と「体内時計のリセット」。甘い飲み物を断つ、朝起きてから2時間以内に炭水化物とタンパク質の朝食をとる、などなど、誰もがすぐに始められることばかりです。会社や自治体の健康診断の血液検査の結果から、自分に足りない栄養素がチェックできる表も掲載。自分の栄養状態を確認してみませんか。

さらに、「プレゼン前で緊張したとき」「上司に嫌味を言われてムカッとしたとき」「翌日出張で早起きしなければならないとき」など、シチュエーション別の「最強の食べ方」も取材。「逆算食べ」を基本に、「ここぞ」という勝負どきを乗り切るために「どう食べるか」を詳報します。

ほかにも、
●部下の隠語に気をつけて 「セ・パ両リーグ」の意味、わかりますか?
●台風15号の長期停電 背景に「林業衰退」と「気候変動」
●東電裁判37回傍聴の記者が書く「事故調の機能不全」
●松重 豊×北川景子 「妊活」で見えた夫婦の不公平と宝物
などの記事を掲載しています。

ページの先頭へ

閉じる

  • AERA(アエラ) 2019年10月7日号<表紙: 荒牧慶彦>
  • AERA(アエラ) 2019年10月7日号<表紙: 荒牧慶彦>

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中