ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号
  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号
  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号
  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号
  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号
  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号

  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号
  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号
  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号
  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号
  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号
  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号

PEAKS(ピークス) 2019年10月号

  • 号数
    2019年10月号
  • 発行間隔
    月刊
  • 雑誌コード
    07355
  • 発売日
    2019年09月14日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 初中級者向け山登り&アウトドア誌

商品詳細情報

代表商品コード 4910073551094
サイズ Aヘン
この号の内容 日本全国のロングトレイルの魅力|別添:トレイルフード・コンテナー
秋こそ歩きたい、日本全国のロングトレイルの魅力。
特別付録は「トレイルフード・コンテナ―」

アルプスのエリアでは、そろそろぐっと冷え込み始める時期ですね。そんな季節は、高峰以外にも目を向けて、山々を繋いで旅するのもいいのでは? 展望のよいピークハントもいいけれど、山の楽しみ方のひとつとして、秋の装いを感じながら長い距離をじっくり歩く山旅も魅力的ですよ! というわけで『PEAKS』10月号はロングトレイルを特集。これまでと違った見方で登山道を繋ぐ、旅の魅力とノウハウや、あこがれの海外ロングトレイル情報まで、内容たっぷりでお届けします。

山旅をするなら、より長い時間、長い距離を歩きたい。
道と道を繋ぎながら歩くロングトレイルは、
山好きを魅了するスタイルといえるでしょう。
山岳地帯の縦走路にとどまらず、峠を経由して道を繋ぐことで、
山旅のフィールドはどこまでも広がります。
今回はそんな“ロングトレイル”の魅力を、さまざまな角度から紐解いていきます。
そもそも、ロングトレイルってなんだろう? みんなが思う疑問について、
ロングトレイルに詳しい有名アウトドアショップ店主に、
まずはしっかりお答えいただきました。
もちろん日本全国のロングトレイルもまるっとご紹介。
全工程を通しで歩く休みがない人も楽しめる、
1泊2日で楽しめるルートも併せて解説します。
さらに、昨年全線開通したばかりの「ぐんま県境稜線トレイル」も
実際に歩いて取材。稜線を100kmも繋いだロングトレイル。その魅力に迫ります。
ウルトラライトハイキングスタイルの伝道師的存在、
ハイカーズ・デポの土屋さんがセレクトする、
ロングトレイルにおすすめのアイテムカタログも収録し、
忘れてはならない海外のロングトレイル情報も掲載。
特別付録は大型パックのトップリッドにフィットする、「トレイルフード・コンテナ―」。
ロングトレイルに出かける際に、大活躍間違いなしのアイテムですよ!
出版社情報 [特集]
●より“旅”を強く感じられる水平思考の山登り。
  ニッポンのロングトレイル
 ◇ロングトレイル文化を発信し続ける専門店に聞いてみました。
   ロングトレイルってそもそもなに?
 ◇風と霧のなかに包まれたロングトレイル。
   「ぐんま県境稜線トレイル」へ
 ◇国内のトレイル運営団体が多数加盟する、
   日本ロングトレイル協会に聞いてみた。
    日本のロングトレイルの“いま”
 ◇続々と増える日本各地のトレイルをご紹介!
   ニッポンのロングトレイルリスト
 ◇熊野古道と四国遍路を歩いて。
   日本古来のロングトレイル“巡礼の道”
 ◇ハイカーズデポ・土屋智哉さんがセレクトする。
   ロングトレイル・ギアカタログ
 ◇週末ロングトレイルのススメ。
   1泊2日でセクションハイク! おすすめルート9選
 ◇ロングトレイルの魅力を醸し出す日本南方のハイキングコース群。
   九州オルレとはなにか?
 ◇アレもコレも気になる食材全部試しました。
   なんでもドライフード大実験!
 ◇登山に欠かせないエマージェンシーギア。
   浄水器、なに使ってますか?
 ◇栃木、福島、群馬の県境を行く。
   日光白根山 to 至仏山 ニッコーオゼ・ロングトレイル65km
 ◇加藤則芳さんとすごした日々。
   北米・ロングトレイルを歩くということ
 ◇いつか一度は行ってみたい! 海外ロングトレイルリスト
 ◇ロングトレイルを歩かなければ気付かなかった魅力とは?
   私がロングトレイルにハマった理由
 ◇ロングトレイルに行きたくなる本&DVD

◆フリースにとどまらない飽くなき素材への探求心。
  ポーラテックがアウトドアファブリクスの雄に至るまで
◆GO TO SEE THE AUTUMN LEAVES
  いまだけの紅葉の山へ

…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

商品のおすすめ

秋こそ歩きたい、日本全国のロングトレイルの魅力。
特別付録は「トレイルフード・コンテナ―」

アルプスのエリアでは、そろそろぐっと冷え込み始める時期ですね。そんな季節は、高峰以外にも目を向けて、山々を繋いで旅するのもいいのでは? 展望のよいピークハントもいいけれど、山の楽しみ方のひとつとして、秋の装いを感じながら長い距離をじっくり歩く山旅も魅力的ですよ! というわけで『PEAKS』10月号はロングトレイルを特集。これまでと違った見方で登山道を繋ぐ、旅の魅力とノウハウや、あこがれの海外ロングトレイル情報まで、内容たっぷりでお届けします。

山旅をするなら、より長い時間、長い距離を歩きたい。
道と道を繋ぎながら歩くロングトレイルは、
山好きを魅了するスタイルといえるでしょう。
山岳地帯の縦走路にとどまらず、峠を経由して道を繋ぐことで、
山旅のフィールドはどこまでも広がります。
今回はそんな“ロングトレイル”の魅力を、さまざまな角度から紐解いていきます。
そもそも、ロングトレイルってなんだろう? みんなが思う疑問について、
ロングトレイルに詳しい有名アウトドアショップ店主に、
まずはしっかりお答えいただきました。
もちろん日本全国のロングトレイルもまるっとご紹介。
全工程を通しで歩く休みがない人も楽しめる、
1泊2日で楽しめるルートも併せて解説します。
さらに、昨年全線開通したばかりの「ぐんま県境稜線トレイル」も
実際に歩いて取材。稜線を100kmも繋いだロングトレイル。その魅力に迫ります。
ウルトラライトハイキングスタイルの伝道師的存在、
ハイカーズ・デポの土屋さんがセレクトする、
ロングトレイルにおすすめのアイテムカタログも収録し、
忘れてはならない海外のロングトレイル情報も掲載。
特別付録は大型パックのトップリッドにフィットする、「トレイルフード・コンテナ―」。
ロングトレイルに出かける際に、大活躍間違いなしのアイテムですよ!

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中