ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • AERA (アエラ) 2019年6月24日号<表紙・特集:King & Prince>

拡大

  • AERA (アエラ) 2019年6月24日号<表紙・特集:King & Prince>

AERA (アエラ) 2019年6月24日号<表紙・特集:King & Prince>

  • 号数
    2019年6月24日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    21014
  • 発売日
    2019年06月17日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

361 (税込:390

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本を代表する、本格ニュース週刊誌

商品詳細情報

代表商品コード 4910210140693
サイズ Aヘン
この号の内容 表紙・特集:King & Prince

King & Princeが「AERA」に初登場!
蜷川実花の撮り下ろしで表紙+インタビュー6P

AERAは、6月19日にファーストアルバム「King & Prince」を発売するKing & Princeを表紙に起用しました。昨年のデビュー以来、リリースされたシングルが3作連続でオリコン週間シングルランキング1位を獲得するなど、快進撃を続けるKing & Prince。インタビューページでは、平野紫耀さん、永瀬廉さん、岸優太さん、神宮寺勇太さん、高橋海人さん、5人それぞれのソロポートレートを誌面いっぱいに展開しつつ、激動の一年を振り返っています。

今回が、AERA初登場となるKing & Prince。フルメンバーではなかったのが残念ですが、蜷川実花+AERAチームは休養中のメンバーへのエールも背景に織り込んで、撮影に臨みました。セットに入ってきた5人はカメラを向けるとキリッとするのですが、チェックやレンズ替えの間は顔を見合わせて歌いっぱなし。スタッフもその世界には割り込めず、撮影後に尋ねました。「何を歌ってたの?」。答えは誌面でご紹介しています。
出版社情報 【巻頭特集】
●発達障害の生きづらさをなくす
   当事者も周囲ももっと生きやすく

 ◇子ども
  ・発達障害
   診断より支援がほしい
    公立小中ならクラスに1人か2人いる/
    理解や支援が追いつかない
  ・「グレーゾーン」の子の居場所がない
  ・苦手はデジタルツールでカバーできる

 ◇医療
  ・発達障害診療経験のある医師100人アンケート

 ◇働き方
  ・「クローズ就労」で当事者も周囲も疲弊
  ・発達障害を伏せて働く/「報連相がわからない」に職場も戸惑い
  ・「障害」に対する怖れを克服


◆インタビュー
 ・山本太郎 「減税なら自民とも組む」
   野党の敗因は経済政策/増税凍結じゃ勝てない/
   完全一致は宗教かイデオロギー
  「一人で立つ」が支持の背景

 ・King & Prince
  アイドルの王道を超えてゆく
   早くアルバムの曲でライブがしたい/いままでの僕たちが詰まってる

 ・よしお兄さんとりさお姉さんにありがとう

◆社会 
 ・奨学金 10年経っても返せない
 ・妊婦加算復活は「妊婦税」か「ちゃんと診てもらう対価」か

◆時代を読む 
  放送大学に救われた7人のいま

◆音楽 
  マドンナ 最新アルバムには怒りより愛を込めた

◆映画
  黒沢 清×前田敦子
  「監督と奥様を見て結婚を決めたんです」

◆表紙の人
  King & Prince(アイドルグループ)


…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。
予約注文のお客様へ クレジットカードをご利用の場合、有効期限のご確認をお願いいたします。
商品出荷の時点でクレジットカードの有効期限が過ぎているまたは、ご利用限度額に達していた等の場合、
カード会社の承認がおりず、キャンセルとなりますのでご注意ください。
※商品によっては、クレジットカードでの決済ができない場合がございます。

商品のおすすめ

インタビューページでは、デビューシングル「シンデレラガール」をはじめとする王道のアイドルポップスから、リード曲「Naughty Girl(ノーティーガール)」のようなディープなヒップホップナンバーまで、幅広い音楽性で魅了するファーストアルバム「King & Prince」の制作の舞台裏をメンバーが語り合っています。たとえば平野紫耀さんは、「僕らはアイドルグループとして『王道』と言われることが多いんですが、いい意味でみなさんのイメージをくつがえしたいという思いがあって」と話し、永瀬廉さんは、「振り付けは、もっとこうしてほしいとか、それぞれが提案しました」と明かしています。

デビューしてからの激動の一年は、「この6人で間違いじゃなかった、よかったなと確信した1年でした」(平野さん)。高橋海人さんが「僕ら全員で、King & Princeというジャンルを作っていけたらなと思っています」と話すなど、話題はグループの未来についても広がりました。

リラックス方法についての質問には、神宮寺勇太さんが「僕は飲みに行くことですね、タピオカを。休みの日には並んでますよ」、岸優太さんが「天気がいい日、都内を颯爽と自転車で駆け回ることですね」と答えるなど、プライベートな顔も見せてくれました。

King & Princeの現在と未来が一望できるインタビュー。ぜひ全貌をご覧ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • AERA (アエラ) 2019年6月24日号<表紙・特集:King & Prince>

拡大

  • AERA (アエラ) 2019年6月24日号<表紙・特集:King & Prince>

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中