ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 中央公論 2019年4月号

  • 中央公論 2019年4月号

中央公論 2019年4月号

  • 号数
    2019年4月号
  • 発行間隔
    月刊
  • 雑誌コード
    06101
  • 発売日
    2019年03月08日

861 (税込:930

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 文系と理系がなくなる日・AIに勝つ学力 / 平成の痛恨事|

商品詳細情報

代表商品コード 4910061010497
サイズ A5
この号の内容 文系と理系がなくなる日・AIに勝つ学力 / 平成の痛恨事|
出版社情報 【特集】
●文系と理系がなくなる日
 
 ◇対談
   重要なのはリテラシー 
   文理融合教育でAIに勝つ 
    新井紀子×上田紀行
 ◇気鋭の科学史家が描く未来 
   複数の分野を見渡せる人材が求められるようになる 
    隠岐さや香
 ◇経団連の提言を大学は真摯に受け止めよ 
   佐藤 優
 ◇高大連携、STEAM教育…… 
   時代遅れの進路指導を変えるトライ&エラー 
    倉部史記
 ◇納税者に研究意義を説明できますか? 
  「文系は役立たない」に反論する理論武装 
    大竹文雄
 ◇入試は最難関だが…… 
   学力だけで医師になってはいけない 
    天野 篤


●平成の痛恨事

 ◇対談
   失われた自信、高まるプライド
   「自分探しの三〇年」から脱却し、日本史像を編み直せ 
     大澤真幸×平野啓一郎
 ◇「放談」できない、やせ細った議員たち
    小選挙区制、二大政党制の改革で劣化した“政治家気質” 
     御厨 貴
 ◇デフレと闘い続けた日本経済 
   量的緩和を解除する条件とは 
    岩田一政 聞き手・土居丈朗


◆混迷する外交
 ◇なぜ日本を軽視するのか? 
   特異な実務派・文在寅のリーダーシップ研究 
    木村 幹
 ◇新旧冷戦に共通する核心 
   日本は「開放性」の価値の守護者たりうるか? 
     櫻田 淳

◆井手教授と考える新しい社会
 ◇今、必要とされている社会保障と政治システム
   日本の再建に待ったなし
   政権奪取の策はこれだ! 
    橋下 徹×井手英策
 ◇若手議員が熱血討論!
   支持率1%の国民民主党
   覚悟と執念で這い上がれ 
    伊藤孝恵×関 健一郎×井手英策


◆僕が出会った二十世紀のレジェンドたち 五木寛之
  一期一会の人びと 
   石岡瑛子 
 

《新連載》
◆フィギュアスケートの肖像
  世界選手権への大いなる期待 
   宇都宮直子


…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

ページの先頭へ

閉じる

  • 中央公論 2019年4月号
  • 中央公論 2019年4月号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中