ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エコノミスト 2019年1月8日号

  • エコノミスト 2019年1月8日号

エコノミスト 2019年1月8日号

  • 号数
    2019年1月8日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    20032
  • 発売日
    2018年12月25日

667 (税込:720

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界経済総予測|

商品詳細情報

代表商品コード 4910200320197
サイズ Aヘン
この号の内容 世界経済総予測|
出版社情報 ●世界経済総予測2019
 ◇米国株バブル終焉 世界景気の失速必至
 ◇インタビュー ロバート・J・ゴードン 米ノースウェスタン大学教授
   「発明の“革命性”は衰えた 世界の牽引役は中国へ移行」
 ◇2019年の焦点
  ・米中対立 中国進出の米企業が移転検討 投資・実体経済でリスク顕在化
  ・ドル トランプが加速させるドル高 「米国第一」が招くマネー還流
  ・米長期金利 上昇示唆する要因多数も 「意図せざる」引き締め懸念
 ◇米国編
  ・「独り勝ち」に三つの死角
  ・2020年に景気後退入り
  ・FRB、利上げ方針転換
  ・個人がAIで巨額運用
  ・視界不良地帯1 サイバー戦争
  ・ねじれ議会で対立激化
  ・視界不良地帯2 北朝鮮
 ◇市況編
  ・原油 「地政学」で上昇
  ・ドル離れで金尻上がり
  ・穀物相場、カードは中国に
  ・米金利
  ・ドル・円
  ・NYダウ
  ・中国株
  ・欧州株
 ◇中国編
  ・6%成長達成に必死
  ・高騰で住宅規制強化
  ・薄氷の「習近平1強」
  ・台頭する新ユニコーン
  ・視界不良地帯3 ロシアとウクライナ
 ◇新興国編
  ・大衆迎合主義に懸念
  ・インド、7%成長継続
  ・墨新大統領の独自策
 ◇欧州編
  ・外部に脆弱な欧州経済
  ・英離脱で再国民投票も
  ・ECB利上げ見送りも
  ・独メルケル後継の多難
  ・インタビュー ベンヤミン・アジェイ(独・緑の党)
  ・視界不良地帯4 仮想通貨

◆エコノミストが選ぶ2019年の注目テーマ
◆インタビュー スコット・ギャロウェイ 米ニューヨーク大学教授
  「『GAFA』分割の時期到来 市場の“競争”取り戻す必要」

[エコノミスト・リポート]
◆岐路の日米同盟 沖縄の民意があぶり出した
  「逆ピラミッド」安保のゆがみ

…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

ページの先頭へ

閉じる

  • エコノミスト 2019年1月8日号
  • エコノミスト 2019年1月8日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中