ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 週刊ダイヤモンド 2018年11月3日号

  • 週刊ダイヤモンド 2018年11月3日号

週刊ダイヤモンド 2018年11月3日号

  • 号数
    2018年11月3日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    20241
  • 発売日
    2018年10月29日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

※こちらの商品は発売日以降、順次お届けとなります。

657 (税込:710

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • グローバリゼーションの進展が格差を生み出し、ポピュリズムを醸成、
    その流れがトランプ米大統領を生み出し、また英国のEU離脱につながりました。
    そして、米中に代表される貿易戦争――。
    そこには、単なる貿易赤字の削減ではなく、覇権国vs新興勢力といった構図が見て取れます。
    これらの状況を理解するには、地政学や世界史を学ぶことが有意義です。
    本特集では、混沌とした世界情勢を読み解くだけでなく、投資環境についても論述しています。

商品詳細情報

代表商品コード 4910202411183
サイズ Aヘン
この号の内容 【特集】投資に役立つ! 地政学 世界史

「Prologue」地政学と歴史で理解を深める混迷の世界情勢
グローバリゼーションが生んだ 中間層の格差とポピュリズム
(Interview)イアン・ブレマー●ユーラシアグループ社長兼CEO

「Part 1」米中貿易戦争から読み解く トランプ大統領の頭の中
(地政学&世界史) 覇権国vs新興勢力の争い 米中間で”新冷戦”が勃発
好調ぶりが際立つ米国経済 景気拡大10年目迎え今後試される正念場
八方塞がりの中国経済 経済指標は振るわず景気対策も債務に懸念
上院・下院でねじれとなるか? 直前展望! 米中間選挙を読む

「Part 2」欧州・中東・新興国 高まる緊張、揺らぐ秩序
(欧州) ドイツの不安定化、極右政党の伸長 混迷が深まるばかりのEU
(地政学&世界史) 孤高好む英国 1割を超える移民比率 欧州混迷の要因をひもとく
(中東) カショギ氏殺害でサウジの威信低下不可避 イラン、ホルムズ海峡封鎖も
(地政学&世界史) 大国が中東の利害錯綜・対立の遠因に ”三枚舌”の英国 迷走の米国
(新興国) 原油高騰、通貨防衛で利上げ不可避 物価と景気の板挟みに悩む 西濱 徹(にしはま・とおる)●第一生命経済研究所主席エコノミスト
(Column)ブラジルの次期大統領選 構造改革進める極右が優勢

「Part 3」株・ETF、為替、債券、金 混迷世界の投資術
世界情勢を捉えて投資に生かす 「守り」と「攻め」の運用法
(米国株) 米株高を牽引してきた大型ハイテク株 FAANG内で進む二極化
(日本株)電機・通信 明暗分かれる電機大手の株価 遠のくシャープの真の復活
(Column)米国から締め出された華為技術とZTEの受難
自動車 新協定TAG、USMCA締結も 関税交渉先送りで問題山積
中国関連銘柄 インフラ投資や設備投資減速が直撃 工作機械やロボット製造の行方
ディフェンシブ銘柄 新たながん治療薬が続々 製薬会社への期待が高い
(為替) ドル高収束が新興国通貨回復の要件 円高でようやく投資の好機に
田中泰輔●田中泰輔リサーチ代表
(外債) 金利上昇局面で求められる慎重さ ハイイールド債にご用心
(金) 米利上げは上値の抑制要因も 動き出した「有事の金」
ほか
出版社情報 【特集】
●投資に役立つ!
  地政学 世界史

Prologue
 ◇地政学と歴史で理解を深める混迷の世界情勢
  ・グローバリゼーションが生んだ 
    中間層の格差とポピュリズム
  ・インタビュー
    イアン・ブレマー ユーラシアグループ社長兼CEO
Part 1 
 ◇米中貿易戦争から読み解く トランプ大統領の頭の中
  ・地政学&世界史 
    覇権国vs新興勢力の争い 米中間で“新冷戦”が勃発
  ・好調ぶりが際立つ米国経済 
    景気拡大10年目迎え今後試される正念場
  ・八方塞がりの中国経済 
    経済指標は振るわず景気対策も債務に懸念
  ・上院・下院でねじれとなるか? 
    直前展望!米中間選挙を読む
Part 2 
 ◇欧州・中東・新興国 高まる緊張、揺らぐ秩序
  ・欧州 
    ドイツの不安定化、極右政党の伸長 混迷が深まるばかりのEU
  ・地政学&世界史 
    孤高好む英国 1割を超える移民比率 欧州混迷の要因をひもとく
  ・中東 
    カショギ氏殺害でサウジの威信低下不可避 イラン、ホルムズ海峡封鎖も
  ・地政学&世界史 
    大国が中東の利害錯綜・対立の遠因に “三枚舌”の英国 迷走の米国
  ・新興国 
    原油高騰、通貨防衛で利上げ不可避 物価と景気の板挟みに悩む 
  ・コラム
    ブラジルの次期大統領選 構造改革進める極右が優勢
Part 3 
 ◇株・ETF、為替、債券、金 混迷世界の投資術
  ・世界情勢を捉えて投資に生かす 「守り」と「攻め」の運用法
  ・米国株 
  ・日本株
  ・為替 
  ・外債 
  ・金 


【特集2】
●新電力サバイバル
  規制撤廃前の大嵐


【特別インタビュー】
●孫正義さん、あなたの力が必要だ
 AIによる世界変革のビジョン
  ジェレミー・アシン データロボット共同創業者兼最高経営責任者(CEO)

【Close Up】
◆白熱する節税保険バトルで金融庁が抱え込んだジレンマ


…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

ページの先頭へ

閉じる

  • 週刊ダイヤモンド 2018年11月3日号
  • 週刊ダイヤモンド 2018年11月3日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中