ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エコノミスト 2018年10月23日号

  • エコノミスト 2018年10月23日号

エコノミスト 2018年10月23日号

  • 号数
    2018年10月23日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    20034
  • 発売日
    2018年10月15日

620 (税込:670

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界通貨危機|

商品詳細情報

代表商品コード 4910200341086
サイズ Aヘン
この号の内容 世界通貨危機|
出版社情報 ●偽りの世界好景気
 ◇第1部 バブルに潜む地雷 編
  ・借金まみれで始まった米金利上昇という「地雷」
  ・好況の闇 金融市場はジャパンリスクを注視
  ・米金利上昇 債券「含み損」が招く株暴落
  ・日本株「根拠なき熱狂」 本格的な「調整相場」は近い
  ・「米国第一」の法改正 細るカネ・モノの自由移動
  ・クレジット リスクためるシャドーバンキング
  ・アジア新興国の落とし穴 中国依存度高いほど影響大
  ・「ドル・円」徹底解説! 「基礎収支の悪化」が円高を阻む
  ・回顧 米金融危機調査委員会リポート
  ・異論 「新冷戦」で日本は上昇気流に乗る
 ◇第2部 今そこにある危機 編
  ・“倫理崩壊”が招く危機 金融秩序を壊すトランプ
  ・日米自動車摩擦 禁じ手「輸出枠」復活の悪夢
  ・不動産バブルの終焉 J─REITの新規上場価格低迷

◆国際会計基準(IFRS)のれん償却
 ・のれんバブルへの警鐘か 経営者の説明責任の要求か
 ・田中弘 神奈川大学名誉教授 日本基準にすり寄る国際会計基準
 ・細野祐二 会計評論家 「のれんバブル」に待ったをかけた
 ・三井千絵 野村総合研究所上級研究員 のれん償却だけが主要な論点か

[エコノミスト・リポート]
◆投資家情報 強まる義務、増える企業負担
  四半期開示の強制は不要

…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

ページの先頭へ

閉じる

  • エコノミスト 2018年10月23日号
  • エコノミスト 2018年10月23日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中