ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • model cars 2018年9月号

  • model cars 2018年9月号

model cars 2018年9月号

  • 号数
    2018年9月号
  • 発行間隔
    月刊
  • 雑誌コード
    08705
  • 発売日
    2018年07月26日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,389 (税込:1,500

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • クルマのミニカー&プラモデルの専門誌

商品詳細情報

代表商品コード 4910087050989
サイズ Aヘン
この号の内容 六連星の煌き 近代スバルを振り返る|
出版社情報 【特集】
●六連星の煌めき
 ―SUBARU(スバル)―水平対向エンジン、FF、四駆駆動といった
  技術に秀でた、この稀有な自動車メーカーは、富士重工の名で
  1953年に設立された。「スバル」の名は、発売された製品と
  しては無論あのスバル360(1958年)を端を発するが、実際に
  はさらにその前史が存在する。市販されずに終わった施策乗用車
  P-1型のネーミング、「スバル1500」がそれである。これは当時の
  社長・北謙治と、同じく取締役・戸田英一が名付け親。その意味と
  しては、同社のルーツである中島飛行機が戦後解体されて生まれた
  12社のうち、5社が再糾合してできたのが富士重工であることを、
  示唆したものと言われる。富士重工は統合のために新設された
  会社で、これを合わせて全6社であることから、六連星のプレアデス
  星団(すばる)にちなんだ訳だが、その語源が「統(す)べる」で
  あることも所以であるようだ。あるいはこのネーミングには、さらに
  大きなものを統べようとする野望が秘められていたのかもしれない。
  今回は、そんなスバル車の特集をお届けしよう。

◆YOUNGTIMER TOMICA CLUB
◆ミニカー新製品情報
◆MAKE UP LATEST MINIATURE CAR REVIEW
◆スカイライン神話影の功労者、GTS-R[ハセガワ]
◆ホットウィールファンクラブ
◆アオシマのグラチャンコレクションのイイトコ取り第2弾登場!
◆2018年京商インポートモデル最新レビュー
◆プラモ作りま専科
◆平野克己 モデル・カーズ的こころ
◆エブロ木谷さんかく語りき

…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

ページの先頭へ

閉じる

  • model cars 2018年9月号
  • model cars 2018年9月号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中