ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ELLE gourmet 2018年7月号

  • ELLE gourmet 2018年7月号

ELLE gourmet 2018年7月号

  • 号数
    2018年7月号
  • 発行間隔
    隔月刊
  • 雑誌コード
    12031
  • 発売日
    2018年06月06日

907 (税込:980

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • タコスか餃子か “キッチンで食べる”が美味しい|別添:エル・クッキング

商品詳細情報

代表商品コード 4910120310780
サイズ Aヘン
この号の内容 タコスか餃子か “キッチンで食べる”が美味しい|別添:エル・クッキング
出版社情報 ★別冊付録
 ・エル・クッキング おなじみ食材でほめられメニュー

●タコスか、餃子か?
 ―とうもろこしで作るトルティーヤが欠かせないタコス。もちもちの水餃子、
  パリパリの焼き餃子のいずれにとっても、皮が命の餃子。どちらも一見、
  カジュアルでシンプルな料理だけれど知れば知るほど自由で奥深く、
  バリエーションはさまざま。その無限の可能性に刺激され、今、世界中の
  フーディーたちがタコスと餃子に熱い視線を向けています。メキシコを
  代表するスターシェフのエンリケ・オルベラは、ストリートフードである
  タコスをガストロノミックに昇華。N.Yでは異国の食文化と融合した多国籍
  タコスが親しまれ、東京の横丁では、タコスを片手に自然派ワインで
  乾杯するのが最旬スタイルに。一方、日本人にとってなじみのある餃子への
  興味はますます深化。本場の個性派餃子がメジャーとなったり、出来立てに
  こだわりまくる店が登場したりと餃子の楽しみ方はよりユニークな広がりを
  見せています。いずれにせよ、タコスと餃子から目が離せないことは確実。
  ひとまず今日はタコスか、餃子か。それば問題だ!

 ◇ガストロノミー界がタコスに夢中!
 ◇東京餃子は“ディープな本場味”が熱い!  …他

◆これからはキッチンが家の中心!
◆ミッソーニ家に伝わる、お宝レシピ!
◆タンパク質偏愛アイテム4

…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

ページの先頭へ

閉じる

  • ELLE gourmet 2018年7月号
  • ELLE gourmet 2018年7月号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中