ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 週刊ダイヤモンド 2018年6月9日号

  • 週刊ダイヤモンド 2018年6月9日号

週刊ダイヤモンド 2018年6月9日号

  • 号数
    2018年6月9日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    20242
  • 発売日
    2018年06月04日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

657 (税込:710

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

代表商品コード 4910202420680
サイズ Aヘン
この号の内容 国の予算編成権と税金の徴収権をその手に握り、「最強官庁」の名をほしいままにしてきた財務省。
ところが、政治主導という奔流に逆らい自ら組織を弱体化させる中で、国民の目を欺くような決裁文書の改ざんに手を染めてしまいました。
信用失墜の底なし沼にはまった財務省は、今後その輝きを取り戻すことができるのでしょうか。
今後の行く末を占う上で、最強官庁としての過去、現在、未来をさまざまな角度から検証しています。

・森友問題の舞台裏と歴代財務省幹部の時系列総覧
・信用失墜 文書改ざんの人脈と金脈
・現役財務官僚、匿名座談会
・歪む政と官 最強官庁 落日の軌跡
・解体か復権か 財務官僚の生きる道
・混沌とする財務次官レースを読む
・入省年次別財務省幹部名鑑
・財務省解体論の行方

【特集】最凶官庁 財務省の末路

「Prologue」 信用失墜の底なし沼

「Part 1」 [信用失墜] 文書改ざんの人脈と金脈
権力が一極集中する首相官邸 文書改竄招いた忖度の構図
現役財務官僚の本音 覆面座談会
文系エリートの財務省離れ 国家総合職試験に見る異変
(Column) 「言葉遊び」で引責辞任 セクハラ次官の官僚の横顔

「Part 2」 [歪む政と官] 最強官庁 落日の軌跡
「失われた30年」で見えた 官主導経済の行き詰まり
「むかし銀行、いま監査」 財務省天下り今昔物語
(Column) 取材活動にも及ぶ官邸主導 記者クラブ・財研の没落
(Interview) 藤井裕久●元財務相

「Part 3」 [解体か復権か] 財務官僚の生きる道
20年ぶりに呪いが復活? 混沌とする次期次官レース
財務省入省年次別名鑑
「最強官庁」の復権なるか カギを握る平成1桁入省組 横田由美子●ジャーナリスト

「Epilogue」 財務省解体論の行方


【特集2】出光興産
新体制が挑む第二の創業
出版社情報 [特集]
●最凶官庁
  財務省の末路

Prologue
 ◇信用失墜の底なし沼
Part 1
 ◇信用失墜 文書改ざんの人脈と金脈
  ・権力が一極集中する首相官邸 文書改竄招いた忖度の構図
  ・現役財務官僚の本音 覆面座談会
  ・文系エリートの財務省離れ 国家総合職試験に見る異変
  ・コラム「言葉遊び」で引責辞任 セクハラ次官の官僚の横顔
Part 2 
 ◇歪む政と官 最強官庁 落日の軌跡
  ・「失われた30年」で見えた 官主導経済の行き詰まり
  ・「むかし銀行、いま監査」 財務省天下り今昔物語
  ・コラム 取材活動にも及ぶ官邸主導 記者クラブ・財研の没落
  ・インタビュー 藤井裕久 元財務相
Part 3
 ◇解体か復権か 財務官僚の生きる道
  ・20年ぶりに呪いが復活? 混沌とする次期次官レース
  ・財務省入省年次別名鑑
  ・「最強官庁」の復権なるか カギを握る平成1桁入省組 
     横田由美子 ジャーナリスト
Epilogue 
 ◇財務省解体論の行方


[特集2]
●出光興産
  新体制が挑む第二の創業


[Close Up]
◆持ち株の過半が対立側へ移る可能性も 
  遺産巡りポーラHD社長を提訴へ
◆メガバンク本腰も足並みはバラバラ 
  米中IT大手が先行、キャッシュレス決済


…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

ページの先頭へ

閉じる

  • 週刊ダイヤモンド 2018年6月9日号
  • 週刊ダイヤモンド 2018年6月9日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中