ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エコノミスト 2018年6月19日号

  • エコノミスト 2018年6月19日号

エコノミスト 2018年6月19日号

  • 号数
    2018年6月19日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    20033
  • 発売日
    2018年06月11日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

620 (税込:670

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 新入社員のためのマクロ経済入門 名門高校/藤枝東高校(静岡) 佐世保北高校(長崎)|

商品詳細情報

代表商品コード 4910200330684
サイズ Aヘン
この号の内容 新入社員のためのマクロ経済入門 名門高校/藤枝東高校(静岡) 佐世保北高校(長崎)|
出版社情報 ●学び直し日本経済 
 ◇どう違う、景気と経済成長 「モノは安い方がいいのに」
 ◇景気 深刻な人手不足も回復の実感なく
 ◇物価 技術革新と「サービスは無料」で低迷
 ◇金利 長期金利の目標水準導入は日本だけ
 ◇株価 誰もが年金で間接保有、日銀が下支え
 ◇為替 直近のテーマは米利上げに保護主義
 ◇給与明細で読み解く「社会保障」
 ◇シェア経済、潜在規模は2兆6000億円
 ◇再エネ、経済成長との両立に苦戦
 ◇Keyword 
  ・日銀短観
  ・中央銀行/コア指数とコアコア指数
  ・政策金利とマイナス金利政策/量的緩和政策
  ・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)/日銀のETF買い入れ
  ・購買力平価/アルゴリズム取引 

[エコノミスト・リポート]
◆アジア─中東─欧州だけではない
  南米大陸に広がる中国「一帯一路」

◆日本版司法取引にご用心!
 ・「強い検察」復活なるか 海外贈賄、脱税が有力視
 ・Q&Aで分かる 日本版司法取引 他人の罪を申告して処分軽減
 ・検察の沈黙 市場監視に支障、腐敗摘発は遠く

…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

ページの先頭へ

閉じる

  • エコノミスト 2018年6月19日号
  • エコノミスト 2018年6月19日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中