ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 読む戯曲(レーゼ・ドラマ)の読み方 久保田万太郎の台詞・ト書き・間

  • 読む戯曲(レーゼ・ドラマ)の読み方 久保田万太郎の台詞・ト書き・間

読む戯曲(レーゼ・ドラマ)の読み方 久保田万太郎の台詞・ト書き・間

  • 石川巧/著 石川 巧
    1963(昭和38)年、秋田県生れ。都留文科大学卒業、成蹊大学大学院修士課程修了。93年、立教大学大学院後期課程満期退学。山口大学、九州大学を経て、現在、立教大学文学部教授

  • ページ数
    242p5p
  • ISBN
    978-4-7664-2853-7
  • 発売日
    2022年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

5,000 (税込:5,500

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「軽妙」の底に漂う「あはれ」、それは「会話」で醸し出されるのか?沈黙が複雑な感情を照らし、ト書きが時空間の奥行きをつくる。
目次
序 読む戯曲とは何か
第1章 “古劇研究会”からの出発
第2章 “見えざる劇場”の系譜―木下杢太郎から久保田万太郎へ
第3章 方法としての読む戯曲
第4章 小説/戯曲の溶解―久保田万太郎のト書き
第5章 「大寺学校」論―はなし・かたり・うた
第6章 「ゆく年」論―「宮戸座」あるいはその陰翳
第7章 原風景としての黙阿弥―その受容と変奏
第8章 ラジオ・ドラマの季節
第9章 久保田万太郎と空襲

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

万太郎没後60年を前に
すべての演劇関係者に贈る

「軽妙」の底に漂う「あはれ」、それは「会話」で醸し出されるのか?
沈黙が複雑な感情を照らし、ト書きが時空間の奥行きをつくる。

戯曲は小説、詩歌、批評と並ぶ文学の主要ジャンルであると同時に、俳優、劇場、観客といった演劇の基本的な構成要素である。戯曲の言葉は〈読まれる〉とともに〈話される〉ことを前提としている点で、常に生きた人間の身体性に迫るベクトルを内包しており、演出、脚色、装置、照明、効果、音楽といった要素が加わることで総合芸術としての解釈を可能にする。しかし、戯曲を研究対象にする場合、私たちは無機質な活字に托された言語表現を読み解く以外にその劇的世界を享受する術をもたない。
本書は、万太郎が自身の創作世界をどのように構築していったのか、小山内薫らと始めた〈古劇研究会〉、小説と戯曲を溶解させたかのようなト書き、草創期のNHKラジオ・ドラマに深く関わったことなど、万太郎の戯曲世界を多面的・分析的に読み解いていくものである。

ページの先頭へ

閉じる

  • 読む戯曲(レーゼ・ドラマ)の読み方 久保田万太郎の台詞・ト書き・間
  • 読む戯曲(レーゼ・ドラマ)の読み方 久保田万太郎の台詞・ト書き・間

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中