ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • パンデミック対応の国際比較

  • パンデミック対応の国際比較

パンデミック対応の国際比較

  • 川上高司/編著 石井貫太郎/編著 川上 高司
    1955年生まれ。拓殖大学教授、中央大学法学部兼任講師、NPO法人外交政策センター理事長。大阪大学博士(国際公共政策)

    石井 貫太郎
    1961年生まれ。目白大学教授。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程修了(法学博士)

  • ページ数
    228p
  • ISBN
    978-4-7989-1770-2
  • 発売日
    2022年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

2,000 (税込:2,200

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、コロナ・パンデミックによる国際社会・国内社会の大局的な変動を論じた総論2編と、世界各国(アメリカ・中国・日本・西欧・中東欧・韓国・北朝鮮・東南アジア・ラテンアメリカ・中東・中央アジア)の個別事例を分析した各論11編から、パンデミックの影響とその対応についての総合的分析を行う。分析から見えてきたのは、権威主義的な体制を有する国の対応の迅速さだ―。揺らぐ今日の国際情勢を冷静に分析した今必読の一冊!
目次
総論1 国際社会への影響―パンデミックと大国間関係
総論2 国内社会のシンギュラリティ―パンデミックとプロパガンダ社会
各論1 パンデミックとアメリカ―「コロナ後」のアメリカと世界
各論2 パンデミックと中国―パンデミックと中国
各論3 パンデミックと日本―日本におけるパンデミック危機対応―「日本モデル」の限界と今後の展望
各論4 パンデミックと西欧―アフター・コロナの西欧政治と国際関係
各論5 パンデミックと中欧・東欧―コロナ後の世界と中・東欧諸国の果たす役割
各論6 パンデミックと韓国―パンデミックと韓国
各論7 パンデミックと北朝鮮―北朝鮮の新型コロナウイルス感染症対策とその展望
各論8 パンデミックと東南アジア―ベトナムのコロナ対策と展望
各論9 パンデミックとラテンアメリカ―ラテンアメリカのコロナ禍
各論10 パンデミックと中東―パンデミックと中東の今後
各論11 パンデミックと中央アジア―中央アジア諸国のパンデミック対応

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • パンデミック対応の国際比較
  • パンデミック対応の国際比較

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中