ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 多言語教育に揺れる近代日本 「一外国語主義」浸透の歴史

  • 多言語教育に揺れる近代日本 「一外国語主義」浸透の歴史

多言語教育に揺れる近代日本 「一外国語主義」浸透の歴史

  • 下絵津子/著 下 絵津子
    近畿大学総合社会学部教養・基礎教育部門教授。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。ニューヨーク州立大学バッファロー校教育学研究科教育学修士(TESOL専攻)。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業。鹿児島県立鶴丸高等学校英語教諭、宮崎公立大学人文学部国際文化学科講師、近畿大学語学教育部講師などを経て、2020年4月より現職。専門は英語教育学・言語教育政策

  • ページ数
    248p
  • ISBN
    978-4-7989-1740-5
  • 発売日
    2022年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,200 (税込:3,520

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 西洋文化と邂逅し、日本が近代国家としての道を歩み始めた明治・大正期。この時代には、英語のみならず、仏語や独語の中等教育導入についても激しい議論が繰り広げられていた―。本書では、近代以降の外国語教育をめぐる議論の内実やその目的の変化、教育政策決定過程を丹念に辿ることで、わが国の外国語教育が「英語偏重」へと陥った歴史的経緯を明らかにする。温故知新の精神で、現代日本の「外国語教育」のあり様に鋭くメスを入れた一冊!
目次
序章 「英語偏重」の外国語教育 研究課題とその背景
第1章 現在から過去へ
第2章 教育関連法規にみる外国語の位置づけ
第3章 1880年代から1910年代の高等学校入学試業と外国語
第4章 1898年全国中学校長会議:英語かドイツ語か
第5章 高等教育会議と明治期中学における外国語教育
第6章 教育調査会における学制改革案と外国語教育の方針
第7章 研究課題の考察と結論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 多言語教育に揺れる近代日本 「一外国語主義」浸透の歴史
  • 多言語教育に揺れる近代日本 「一外国語主義」浸透の歴史

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中