ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大学進学にともなう地域移動 マクロ・ミクロデータによる実証的検証

  • 大学進学にともなう地域移動 マクロ・ミクロデータによる実証的検証

大学進学にともなう地域移動 マクロ・ミクロデータによる実証的検証

  • 遠藤健/著 遠藤 健
    早稲田大学大学総合研究センター講師。1988年福島県白河市生まれ。早稲田大学文学部卒業、早稲田大学大学院文学研究科修士課程、博士課程修了。博士(文学)。国立大学協会特別研究員、早稲田大学大学総合研究センター助手、助教を経て現職。国立大学協会高等教育に関する基礎データ等の調査研究グループ委員、東日本大震災・原子力災害伝承館客員研究員。専門分野:教育社会学、高等教育論

  • ページ数
    230p
  • ISBN
    978-4-7989-1749-8
  • 発売日
    2022年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,600 (税込:3,960

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2000年代以降、首都圏にある大学のキャンパス新増設が進むなど、学生にも「東京一極集中」が叫ばれるようになった。しかし、調査から見えてきたのは、地方から東京への大学進学者はむしろ減少傾向にある事実だった―。緻密なデータ分析によりこの要因を追究した本書は、「東京一極集中」の潮流に引き寄せられるのではなく、家族や学校など地元の引力により県内・圏域内の進学・卒業後のUターンを志望する地方在住高校生たちの姿を浮かび上がらせる。時代や社会状況に伴って変化する学生の進学行動原理を明らかにした気鋭の研究!
目次
現代日本における進学移動研究の意義
第1部 進学移動の理論検討(進学移動研究の理論と方法)
第2部 進学移動のマクロデータ分析(高卒就職・進学移動の時系列分析
首都圏における大学立地と進学移動の関係に関する分析
大学進学にともなう地域移動の時系列分析―地理的要因に注目して)
第3部 進学移動のミクロデータ分析―福島県を対象に(地方における高校生の進路選択の特性と要因―「福島県高校生調査」の分析
大学進学にともなう地域移動における意思決定モデルの検証―蓄積効果に関するマルチレベル分析を中心に)
本書の結論と展望
補論 国立大学における大学進学にともなう地域移動
資料

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 大学進学にともなう地域移動 マクロ・ミクロデータによる実証的検証
  • 大学進学にともなう地域移動 マクロ・ミクロデータによる実証的検証

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中