ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • グローカル化する社会と意識のイノベーション 国際社会学と歴史社会学の思想的交差

  • グローカル化する社会と意識のイノベーション 国際社会学と歴史社会学の思想的交差

グローカル化する社会と意識のイノベーション 国際社会学と歴史社会学の思想的交差

  • 西原和久/著 西原 和久
    成城大学社会イノベーション学部心理社会学科教授・名古屋大学名誉教授。名古屋大学にて博士号(社会学)取得。マンチェスター大学、南京大学、ハワイ大学等の客員研究員・客員教授などを経験。専門は、社会学理論、移民研究、国際社会学

  • ページ数
    239p
  • ISBN
    978-4-7989-1703-0
  • 発売日
    2021年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

2,600 (税込:2,860

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • COVID‐19の猛威が世界的な広がりを見せている今日、個々人が広くつながった世界人の一員であることを強く認識させられた。いまこそ、合理化された人間中心主義を超え、一人ひとりが平和と共生のために真剣に考え、行動する時ではないだろうか―。個と社会・国家の関係性についての社会科学・思想・哲学の研究群を通時的に分析することで「グローカル化」する現代社会を捉え直し、ポスト・コロナ時代を見据えた新たな社会イノベーションの具体化に挑戦した一冊!
目次
グローカル研究と社会の変革
第1部 グローバル化する世界社会と社会意識の変容(ホモ・サピエンス誕生―古代と中世における移動と集住
西洋近代における意識と社会のイノベーション―個人と社会の発生
第2近代における資本主義と国家主義―グローカル化する帝国と植民地主義
20世紀の社会状況と人間学的探究―社会と意識のイノベーション)
第2部 世界の中の日本―平和と共生のための連携へ(近代日本の世界志向と帝国志向―戦前日本の社会思想
戦後の社会思想―沖縄から問い直す20世紀の現代思想
現代の社会意識―21世紀日本と現代資本主義の変容)
越境の思想―東アジアにおける平和と共生のための連携

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • グローカル化する社会と意識のイノベーション 国際社会学と歴史社会学の思想的交差
  • グローカル化する社会と意識のイノベーション 国際社会学と歴史社会学の思想的交差

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中