ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ネオリベラリズム都市と社会格差 インクルーシブな都市への転換をめざして

  • ネオリベラリズム都市と社会格差 インクルーシブな都市への転換をめざして

ネオリベラリズム都市と社会格差 インクルーシブな都市への転換をめざして

  • 城所哲夫/編著 瀬田史彦/編著 城所 哲夫
    1958年生まれ。東京大学大学院工学系研究科教授。専門は都市・地域計画、アジア都市計画。博士(工学)

    瀬田 史彦
    1972年生まれ。東京大学大学院工学系研究科准教授。専門分野は、国土・都市計画、地域開発。博士(工学)

  • ページ数
    291p
  • ISBN
    978-4-7989-1694-1
  • 発売日
    2021年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,600 (税込:3,960

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界の巨大都市で進行する人と富の一極集中は、国土レベルにおける都市/地方間格差に加え、多様な人々が集まる都市内の次元においても深刻な社会格差を生み出した。パンデミックによって都市のあり方が急激に再編される今日、都市/地方間および都市内の格差拡大の是正は喫緊の課題であると言えよう。本書は、国内・外の豊富な政策事例を緻密に分析することで、新自由主義的な都市政策の限界性を提示し、貧困層やマイノリティの排除から転換して、インクルーシブな国土・都市の実現を目指す挑戦的研究の書である。
目次
第1部 理論篇(ネオリベラリズム都市の誕生―東京への一極集中と都市の分断
現代の国土政策とネオリベラリズム
日本における社会格差と住宅政策の歴史的展開 ほか)
第2部 事例篇(ネオリベラリズム的地域政策からインクルーシブな地域政策へ―地域間格差と共存する時代の地域振興
大都市インナーシティの再生:大阪市西成区に着目して
移民大国になりつつある日本の多文化共生への道筋 ほか)
第3部 海外事例篇(欧州における都市の社会的・空間的不均衡と都市政策
米国のブラウンフィールド再生は何を目指すのか
韓国:開発主義に基づいたネオリベラリズム空間政策と社会格差 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ネオリベラリズム都市と社会格差 インクルーシブな都市への転換をめざして
  • ネオリベラリズム都市と社会格差 インクルーシブな都市への転換をめざして

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中