ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 食と農の知識論 種子から食卓を繋ぐ環世界をめぐって

  • 食と農の知識論 種子から食卓を繋ぐ環世界をめぐって

食と農の知識論 種子から食卓を繋ぐ環世界をめぐって

  • 西川芳昭/著 西川 芳昭
    龍谷大学教授(農業・資源経済学/民際学)・コベントリー大学研究員(2021年8月まで)京都大学農学部農林生物学科卒業、バーミンガム大学大学院生物学研究科植物遺伝資源の保全と利用コース・同公共政策研究科開発行政学専攻修了、博士(農学・国際環境経済論専攻)、国際協力事業団(現国際協力機構(JICA))・農林水産省・名古屋大学等を経て現職

  • シリーズ名
    越境ブックレットシリーズ 4
  • ページ数
    114p
  • ISBN
    978-4-7989-1638-5
  • 発売日
    2021年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,000 (税込:1,100

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 食の生産から消費までの間に大きな断絶のある現代社会において、輸入食品・食品添加物・農薬・遺伝子組換え食品など、食の安全に関する様々な情報が紙面やSNS上を飛び交っている。すべての農作物の源である「種子」に着目し、自然科学と社会科学の垣根を越境したアプローチから、錯綜した食に関する知識の「正しさ」を再考。我々が当事者として知識を創り出しコミュニケーションを行う、重大な責務とその方法を明らかにした。
目次
序章 いま、食べものを通して知識を問う意味
1 食の安心と安全について
2 科学だけでは解けない社会の課題をどう理解するか
3 種子のシステムの考え方と知識創出の可能性
4 食と農に身体性を取り戻す知識とは
5 食と農の知識を紡ぐ環世界

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 食と農の知識論 種子から食卓を繋ぐ環世界をめぐって
  • 食と農の知識論 種子から食卓を繋ぐ環世界をめぐって

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中