ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 分断都市から包摂都市へ 東アジアの福祉システム

  • 分断都市から包摂都市へ 東アジアの福祉システム

分断都市から包摂都市へ 東アジアの福祉システム

  • 全泓奎/編著 全 泓奎
    大阪市立大学都市研究プラザ教授・同副所長。専攻:アジア都市論、居住福祉論。最終学歴:東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、博士(工学)

  • ページ数
    328p
  • ISBN
    978-4-7989-1670-5
  • 発売日
    2020年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,200 (税込:3,520

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • パンデミックに揺れる今日の都市社会。貧困層、生活困窮者、ホームレスの人びと、移民、被差別地域居住者―概して「見えづらい」社会的排除者が、その中でさまざまな困難に立ち向かいながらも生活を営んでいる。人類が共通の脅威に直面している今こそ、より多くの人々を包摂した新たな福祉システムのあり方を再考する時ではないだろうか―。福祉問題解決のために多くの共通課題を有する東アジアの各国・地域の豊富な事例をもとに、包摂型都市ネットワークを築きつなげよう!!
目次
1 香港(不平等都市における苦闘:香港の住宅問題
香港の社会住宅)
2 台湾(台湾における住宅運動、住宅法および社会福祉の進展
台湾における社会的不利地域のまちづくり)
3 中国(デジタル産業集積と居住貧困の新局面)
4 韓国(韓国の住宅市場は日本の住宅市場の轍を辿るのか?
韓国の社会住宅政策の展開と今後の課題
韓国の二枚の公的扶助:国の公的扶助と自治体独自の公的扶助)
5 日本(SDGs達成のための自治体の役割
大阪・東京大都市圏の分極化の動態と脆弱層に向けたサービスハブ地域の変容
浅香・加島・矢田地区におけるまちづくりの新たな展開
インクルーシブな地域づくりの理論的課題と意義
移住者支援と災害福祉の可能性
コロナ禍によって見えた難民・移住者をめぐる課題)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 分断都市から包摂都市へ 東アジアの福祉システム
  • 分断都市から包摂都市へ 東アジアの福祉システム

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中