ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 初動期大規模災害復興の実証的研究

  • 初動期大規模災害復興の実証的研究

初動期大規模災害復興の実証的研究

  • 小林秀行/著 小林 秀行
    1985年生まれ。東京大学大学院学際情報学府学際情報学専攻社会情報学コース博士課程修了。博士(東京大学・社会情報学)。専攻:災害社会学。現職:明治大学情報コミュニケーション学部専任講師

  • ページ数
    420p
  • ISBN
    978-4-7989-1623-1
  • 発売日
    2020年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

5,600 (税込:6,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 災害大国と揶揄されることもあるわが国において、これまでの凄惨な被災事例から迅速な「復興」のために何が必要かを学ぶことは、遺されたわれわれに向けられた重要な責務であろう。本書は、災害発生後の様々な復興課題への対応のために登場した複数の自発的組織―緊急コミュニティ組織―に着目し、3.11東日本大震災後の岩手・宮城の6地域で実施された綿密な経年調査をもとに、緊急コミュニティ組織の分業構造が課題対応に柔軟に機能していたことを明らかにする。今後の大規模災害を考える上でも重大な知見を与える、喫緊の社会的要請に応えた労作。
目次
第1章 問題の所在
第2章 災害復興と地域コミュニティ
第3章 復興定点調査:東日本大震災における復興課題の変容
第4章 緊急コミュニティ組織の実例:仙台市南蒲生地区における復興
第5章 緊急コミュニティ組織の一般化を巡る検討
第6章 結論と考察
付表 東日本大震災における緊急コミュニティ組織一覧(239組織)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 初動期大規模災害復興の実証的研究
  • 初動期大規模災害復興の実証的研究

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中